アフリカ

2014/08/02

友人Dとアフリカ

今週はじめ、中学高校の友人Dが交通事故で亡くなった。一報を聞いた日の帰りの電車内で涙がじわじわしていたのは、寝不足のせいだったのか悲しみのせいだったのかはわからない。20数年ぶりの再会が通夜だった。いまだ彼の死に実感がわかないでいる。

僕はいま、アフリカ地域研究の端っこに居座らせてもらっている。多くの人の導きで現在に至っているのだが、実はDもそのひとりだ。中学3年のときだったと思う。経緯は忘れたが、彼はリチャード・アッテンボロー監督の映画『遠い夜明け』のVHFビデオテープを僕に貸してくれた。

それは、南アフリカのアパルトヘイトに関する作品であり、僕にとって、『野生の王国』ではない、はじめての「アフリカ」だった。脳裏に何かが刻まれた瞬間だった。

Dが亡くなった夜は、僕の誕生日でもあった。最近いろいろ忘れっぽいのだが、彼の命日は忘れずにすみそうだ。これから僕がひとつ歳をとるたびに毎年Dのことを思い出し、さまざまなことに考えをめぐらせることができる。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/10

インタビューを受ける:アフリカ情報

きょうは、午前と午後に分けて長いインタビューを受けた。僕の持っている情報が研究の役に立つのなら、こんなに嬉しいことはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/16

生命(いのち)の水を確保する −アフリカ・ウガンダにおける難民の事例から−

静岡県三島市の某高校では過去2年、私が撮影したアフリカ・ウガンダにおける難民の写真を文化祭で展示させていただいてきました。同校とは今年度もご縁をいただき、「水」をテーマにアフリカの写真を出展いたします。5月17日(土)は一般にも開放されます。

生徒たちも一生懸命、さまざまな趣向を凝らした準備をしています。お時間がありましたら、まぶしい青春のパワーを浴びにいらしてください。ついでに写真もご覧いただければ幸いです。

20140515

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/06

左鼻茸摘出術

先日、朝8時過ぎに総合病院へ行き、昨年3月から気になっていた左鼻腔内の腫瘍(俗称イボ)を切除する手術を受けてきた。手術名は、左鼻茸摘出術という。もちろん先月ウガンダでひいた風邪とは関係ない。

しかし、汚物が混じったアフリカの砂埃に定期的にさらされているわけで、それが鼻の中で引っかかって溜まりかねない異物を切除することが主な目的だった。

問診と検査の後、血液検査を2種類。昼食後、手術室に入ったのは13時過ぎ。手術台までは歩いて行ったので、いろんな機器が見れたのは楽しかった。さらに、手術というのは初めての経験であり、局所麻酔だったので、手術台で横になった僕を囲む5人の医師の会話が興味深い。

けっこう試行錯誤するもんなんだなという印象(術中の写真を撮りたかった!)。今回のケースは緊急外来なので執刀医らも予定外だったわけで…。でも「ここどうしようか?」とか言わないでほしい。
((((;゚Д゚)))))))

解放されたのは14時前でした。

ちなみに、血液検査の結果、感染症についても陰性だったので、咳がしばらく続いていたのも、やはり風邪だったのかと、ひと安心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/27

South Sudan crisis

以下は、国連人道問題調整事務所(UNOCHA)のレポートを自分のメモ用に仮訳したものです。間違いなどあるかもしれません。お気付きの点がありましたら、ご指摘ください。 タイトルは原文(PDF)にリンクしています。

South Sudan crisis
Situation report as of 26 December 2013
Report number 4

ハイライト
 南スーダンにおける現在の危機により避難している人びとは、国連平和維持部隊の基地に避難している6万3000人を含め、12万1600人であると報告されている。これまでのところ、ジュバでは、推定2万5000人の避難者のうち、6800人が登録されている。また、4200世帯以上が食糧の支援を受けている。避難民のために優先されるのは、食糧、医療、避難所、水、衛生、保健サービス、保護、キャンプ内の秩序である。さらなる空輸および輸送支援が、必要とされる。援助機関は2014年3月までに、危機による当面のニーズに対応するため、1.66億ドルを必要としている。

状況の概要
 12月24〜26日、治安状況はジョングレイ州と上ナイル州の激しい戦闘で悪化した。南スーダン政府は12月24日、ジョングレイ州のボルを取り戻したと報告した。それ以来、周辺地域で衝突が続いているものの、ボルでの戦闘はなかったと報告されている。12月26日、上ナイル州のマラカルで激しい戦闘があった。ジュバの状況は落ち着いているが、緊張は続いている。
 12月15日以来、国連平和維持部隊の基地に身を寄せる6万3000人を含め、12万1000人以上が避難していると伝えられる。6つの拠点が避難民を多数保護している。他のいくつかの拠点でも、小規模の避難民を保護している。ジュバでは避難民への複数部門での対応が進行中であり、協力機関もベンティウ、ボル、マラカルの拠点で民間人を支援するための努力を拡大している。人道支援機関の最優先事項は、危険であるがゆえに手が届かない地域でのプレゼンスを確立するための準備と、主な人口密集地の外にいる避難民のニーズについてより多くの情報を収集することだ。衝突で殺害された人数は不明であるものの、数千もの命が失われている可能性が高い。
 国連の拠点以外では、ジョングレイ、レイク、ワラプ、および、ユニティの各州で避難民が特に集中している。国外の動向に関してUNHCRは、100人以上がケニア国境を越え、1540人あまりがウガンダへ、290人ほどがスーダンに渡ったと報告している。3100人がエチオピアの国境を越えたと報告されているが、現在の危機に関連したものかは不明である。危機がはじまって以来、多くの人びとがジュバを離れたとみられている。また、ウガンダとの国境のニムレに民間人の大規模なグループが集まっていると報告されている。

以下略

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/14

地雷、小型武器、子ども兵、平和教育に取り組むNGOに寄付

このたび、地雷、小型武器、子ども兵、平和教育に取り組むNGOテラ・ルネッサンスに、ポストカードの販売収益の一部を寄付させていただきました。

特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス
http://www.terra-r.jp/index.html

テラ・ルネッサンスに1000円を寄付すると、たとえば次の支援が可能になります。同団体はこのほかに、カンボジアとラオスでも支援活動を行っています。

ウガンダ
* 元子ども兵社会復帰センターで20食分の給食を届けることが可能
* 元子ども兵が職業訓練に参加する学費3日分
* 元子ども兵家族の食費1週間分を賄うことが可能
* 元子ども兵家族の医療費2週間分を賄うことが可能
* 2人の子どもにマラリア予防の為の蚊帳を支給することが可能
* 1人の子どものマラリア治療を行なうことが可能

今回の寄付は、以下の店舗で販売協力いただいているポストカードの収益の一部を充てさせていただきました。ご購入くださった皆さまにお礼申し上げます。

・ベトナム料理 アンナム http://www16.ocn.ne.jp/~annam/
・大野カメラ http://ohnocameraworks.eshizuoka.jp/
・アジアン・ダイニング バガン http://www.bagan.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/30

back to asia from africa

現在アディスアベバ。到着早々、左足首をねんざ。深夜で歩道と車道の段差に気がつかなったため、両肩にバックパックとカメラバックを担いだまま、転倒してしまった。念のため病院でレントゲンを撮ったが骨に異常はなし。ただ、歩くと痛いので、痛み止めのクスリをもらい、包帯で足首を固定してもらう。

病院には、ADDにいる知り合いのDRコンゴ人難民に連れて行ってもらった。感謝である。

そして明日はバンコク。帰国まであと一歩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/11

チェック、チェック

外務省海外安全ホームページ:
・ウガンダ
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=93
・ルワンダ
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=131
・コンゴ民主共和国
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=103

Reliefweb:
Humanitarian Action in the Democratic Republic of the Congo (DRC) - Weekly Bulletin, 11 October 2010
http://www.reliefweb.int/rw/rwb.nsf/db900SID/MCOI-8A5GU6?OpenDocument

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/10

a girl spinning a top in refugee settlement, Uganda.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/31

カンパラで火事

ウガンダ時間8月30日午前7時ころ、カンパラのニュータクシーパーク北の市場で火災がありました。

_0010258


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧