写真

2014/07/29

頂くモノ、失うモノ

今週に入って頂きモノいくつかあり。同い年の友人から送られてきたおそらく誕生日プレゼントであろうガンダムモデルの水鉄砲は試射していちおう満足したので後日甥っ子に奪われても悔いはない。それと東京写美で開催中の写真展「岡村昭彦の写真 生きること死ぬことのすへて」の図録を某先生より意図せず入手した。これは見にいかねば! そして恩師から想像だにしてなかった祝いの言葉を受信した。失ったり頂戴したりを繰り返す日々。たんたんといまできることをするのみ。

10377445_4548951057855_601548375151


10522415_4548954857950_427979820749

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/27

暑く穏やかな休日

ショッピングモールでは子どもらが段ボール迷路にはしゃぐ。自宅の庭の柿の木には実がひとつなり、食えるかわからぬが棚からぶら下がったぶどうには傘をかけ、甕のメダカはぬるい水のなかを陽を避けて泳ぐ。僕は水シャワーを浴びた後、自室で仕事を続ける。今日は日曜日。

16624_4540033074911_435117692205192


10520855_4540064795704_463552625620


10492261_4540042835155_704476525419


10403223_4540049875331_735040743955

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/07

台風前の夕焼け雲

夕刻、階下から母親が僕をしきりに呼ぶので急いで自室から階段を駆け下りた。窓から見える外が真っ赤だったので、火事かと思って驚いたらしい。外に出て見れば、長く伸びた雲に遠くの夕焼けが反射して、この光が部屋の中に差し込んでいたようだ。

きょうは七夕。

1524979_4474756163029_6729299507270


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/16

生命(いのち)の水を確保する −アフリカ・ウガンダにおける難民の事例から−

静岡県三島市の某高校では過去2年、私が撮影したアフリカ・ウガンダにおける難民の写真を文化祭で展示させていただいてきました。同校とは今年度もご縁をいただき、「水」をテーマにアフリカの写真を出展いたします。5月17日(土)は一般にも開放されます。

生徒たちも一生懸命、さまざまな趣向を凝らした準備をしています。お時間がありましたら、まぶしい青春のパワーを浴びにいらしてください。ついでに写真もご覧いただければ幸いです。

20140515

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/29

お礼:ポストカード完売

ながらく東京高円寺のギャラリー Gallery458 さんで販売を委託していましたポストカードが完売しました。その収益は国境なき医師団(シリア緊急支援)に寄付していただきました。私の写真を手に取ってくださった皆さまとギャラリー458さまにお礼申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/01

「おっぱい山」に登る

夏っぽいことをいっさいせずに8月を終えてしまったので、山登りに行ってきた。いつもは自宅裏の梶原山(279m)だけど、せっかくなので竜爪山まで足を伸ばした。この山は、頂がふたつあって薬師岳(1051m)と文珠岳(1041m)からなる。なかなか険しく、古くから信仰の山とされてきた。

ボクが通っていた小学校からも良く見え、校歌にも「竜爪山」がうたわれている。だから山の名前は知っていたはずなのに、小学生のぼくらは普通に「おっぱい山」と呼んでいた。そういうかたちをしているわけだ。いまどきの小学生男児はなんて呼んでるんだろう。

_dsc0473
中腹の穂積神社より上に登るのは、中2の大晦日に初日の出を見るために夜中に登って以来か。巨大な杉が登山道の中央に構える。


_dsc0480
穂積神社まではクルマで行けるが、そこから上はもともと信仰の山だけあって険しい。修験の山道である。


_dsc0481
昔登ったときにはなかったが、イントレで組まれた階段が設置してあった。それでも運動不足のボクにとっては十分すぎるほど険峻。

薬師岳を経由して文珠岳にたどりつくと、清水港と三保半島、そして静岡市街が見渡せる。かすんでいたので写真は略。


_dsc0487
瀬名方面からアプローチしたので、下山は興津方面へ。自動車道の高架が建設中で、ぶざまな景観である。しかし、大規模な工事を目の当たりすればわくわくもする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/19

満月ではないが

今宵は十三夜だが、月がきれいだというので撮ってみた。兎が餅ついているのがよく分かる。天体撮影ははじめてなので、要領がつかめず…。

_dsc0468


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/14

2013年8月11日の浜岡原発

2013年8月11日、熱風にあおられつつバイクで浜岡原発に行ってきた。

原子力館の展望台に上がると、原発敷地内と防波壁がよく見える。しかし、展望台からの写真撮影が禁止されていた。展望台にいた警備員はテロ対策だと言ってたが、原発側だけでなく浜岡砂丘側もダメなのはなぜだろう。1階に降りて案内係に聞けば、2012年12月からの処置だという。また、展望台には「津波対策解説パネル」が設置されていた。

_dsc0397

_dsc0430

_dsc0411

_dsc0445


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/03

ベトナム水上人形劇

先日、ベトナム水上人形劇を15年ぶりくらいに見たが、記憶どおりやはり面白かった。清水だけでなく、富士宮でも公演するそうだ。最前列を確保するなら、多少ぬれてもよい格好で。龍が容赦なく水を吐きかけてきますw 今回は伝統的な演目に加え、特別に「羽衣」も上演されました。

1044997_3244058676361_1883387179_n

993057_3244058556358_1562575052_n

10370_3244058836365_1047460094_n

19911_3244058636360_833245318_n

1011697_3244058436355_1589974559_n


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/23

人が山に入ると

今日は山の中腹に咲く桜を目指して、カメラを担ぐ。

稜線からメドをつけて道なき谷を降りるが、原生林化した斜面で滑落しかけ、その拍子にたすき掛けにしたカメラがレンズから地面にぶち当たる。しかし、レンズフードを着けていたおかげで、フードが地面に突き刺さっただけで済んだ。フードがなかったら、きっと残念なことになっていただろう。

けっきょく桜には到達できなかった。そして、別のものに目がいってしまい。

20130323dsc_0022

20130323dsc_0052

20130323dsc_0034

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧