« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014/04/09

在朋来遠方亦不楽乎

先月下旬のことですが、かつて東京で勤め人をしていたころの元同期同僚が静岡まで僕に会いに来てくれました。ひさびさに一緒に酒を酌み交わし語り明かそう、という趣旨です。

彼のほうが先に職を辞し、だいぶ後になって私も同様にその職場を離れる決断をしました。

彼とはしばしば仕事帰りに銀座の片隅にあるバーでビールをあびるように飲んで語り合って、終電を逃すまいとふらふらと地下鉄の駅まで走ったものです。10年以上も前のことです(ちなみに、そのバーはまだあるらしい)。

一次会で静岡の魚を堪能してもらい、二次会でワインをあおり、三次会は彼の希望で静岡のホテルのラウンジのお手並みを拝見したはずで、四次会でふたたび地上に降りバーの一角を占拠したような気がします。というのも、三次会以降の記憶がほとんど残ってないのです。

僕にしては珍しい経験です。途絶えることなく酌み交わし語り明かしたのでしょう。翌朝は非常にすっきりと目が覚めました。不思議と二日酔いにはなっていないのです。ひさびさによい酒を飲んだここちです。

残念なことに10数年ぶりに再会したのにふたりの写真を撮るのを忘れました。そんな間断もなく飲みかつ喋ったのでしょうか。後日、iPhoneを見ていたら、記憶にない写真が1枚出てきました。彼があの日、静岡にいた証拠です。撮影した記憶はまったくないんですけどね。

20140320_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/06

左鼻茸摘出術

先日、朝8時過ぎに総合病院へ行き、昨年3月から気になっていた左鼻腔内の腫瘍(俗称イボ)を切除する手術を受けてきた。手術名は、左鼻茸摘出術という。もちろん先月ウガンダでひいた風邪とは関係ない。

しかし、汚物が混じったアフリカの砂埃に定期的にさらされているわけで、それが鼻の中で引っかかって溜まりかねない異物を切除することが主な目的だった。

問診と検査の後、血液検査を2種類。昼食後、手術室に入ったのは13時過ぎ。手術台までは歩いて行ったので、いろんな機器が見れたのは楽しかった。さらに、手術というのは初めての経験であり、局所麻酔だったので、手術台で横になった僕を囲む5人の医師の会話が興味深い。

けっこう試行錯誤するもんなんだなという印象(術中の写真を撮りたかった!)。今回のケースは緊急外来なので執刀医らも予定外だったわけで…。でも「ここどうしようか?」とか言わないでほしい。
((((;゚Д゚)))))))

解放されたのは14時前でした。

ちなみに、血液検査の結果、感染症についても陰性だったので、咳がしばらく続いていたのも、やはり風邪だったのかと、ひと安心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »