« 2013年9月 | トップページ | 2014年3月 »

2013年12月

2013/12/27

South Sudan crisis

以下は、国連人道問題調整事務所(UNOCHA)のレポートを自分のメモ用に仮訳したものです。間違いなどあるかもしれません。お気付きの点がありましたら、ご指摘ください。 タイトルは原文(PDF)にリンクしています。

South Sudan crisis
Situation report as of 26 December 2013
Report number 4

ハイライト
 南スーダンにおける現在の危機により避難している人びとは、国連平和維持部隊の基地に避難している6万3000人を含め、12万1600人であると報告されている。これまでのところ、ジュバでは、推定2万5000人の避難者のうち、6800人が登録されている。また、4200世帯以上が食糧の支援を受けている。避難民のために優先されるのは、食糧、医療、避難所、水、衛生、保健サービス、保護、キャンプ内の秩序である。さらなる空輸および輸送支援が、必要とされる。援助機関は2014年3月までに、危機による当面のニーズに対応するため、1.66億ドルを必要としている。

状況の概要
 12月24〜26日、治安状況はジョングレイ州と上ナイル州の激しい戦闘で悪化した。南スーダン政府は12月24日、ジョングレイ州のボルを取り戻したと報告した。それ以来、周辺地域で衝突が続いているものの、ボルでの戦闘はなかったと報告されている。12月26日、上ナイル州のマラカルで激しい戦闘があった。ジュバの状況は落ち着いているが、緊張は続いている。
 12月15日以来、国連平和維持部隊の基地に身を寄せる6万3000人を含め、12万1000人以上が避難していると伝えられる。6つの拠点が避難民を多数保護している。他のいくつかの拠点でも、小規模の避難民を保護している。ジュバでは避難民への複数部門での対応が進行中であり、協力機関もベンティウ、ボル、マラカルの拠点で民間人を支援するための努力を拡大している。人道支援機関の最優先事項は、危険であるがゆえに手が届かない地域でのプレゼンスを確立するための準備と、主な人口密集地の外にいる避難民のニーズについてより多くの情報を収集することだ。衝突で殺害された人数は不明であるものの、数千もの命が失われている可能性が高い。
 国連の拠点以外では、ジョングレイ、レイク、ワラプ、および、ユニティの各州で避難民が特に集中している。国外の動向に関してUNHCRは、100人以上がケニア国境を越え、1540人あまりがウガンダへ、290人ほどがスーダンに渡ったと報告している。3100人がエチオピアの国境を越えたと報告されているが、現在の危機に関連したものかは不明である。危機がはじまって以来、多くの人びとがジュバを離れたとみられている。また、ウガンダとの国境のニムレに民間人の大規模なグループが集まっていると報告されている。

以下略

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2014年3月 »