« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010/02/28

第1回ワークショップ無事終了

写真ワークショップの終了後アンケートを集計。おおむね好評だったが、説明方法に課題が残る。

説明内容と参加者、そして参加者同士のレベルにギャップがあったと思われる。広報の仕方・内容と、ターゲットをより明確にすることが肝要か。

しかし、第1回参加者が第2回に参加してくれたら、とっても面白いワークショップができそう。そのためにも、次回の企画をしっかり練らねば。

参加者の皆さま、会場を提供し協力してくださったアンナムの皆さまに感謝。
http://bit.ly/bsJPBY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/25

写真ワークショップ第2回:まだ席あり

おかげさまで今週末2/27の写真ワークショップは、ほぼ満席となりました。第2回の3/20(土)はまだ席があります。ふるってご参加ください。
http://bit.ly/bsJPBY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/24

四ノ宮浩講演会「ゴミ捨て場の子どもたち」

【以下転載(一部編集)】

3月13日(土)に藤枝で四ノ宮監督をお招きして、講演会&上映会を行います。

フィリピン・マニラ郊外の巨大なゴミ捨て場 “スモーキーマウンテン” に暮らす人々を主人公としたドキュメンタリー映画『忘れられた子供たち スカベンジャー』(第44回マンハイム国際映画祭ベストドキュメンタリー賞受賞)、第二のスモーキーマウンテンと呼ばれるパヤタスゴミ捨て場を舞台とした『神の子たち』(第5回シネマンビエンテ環境映画祭(イタリア)コンペティション部門でグランプリを受賞。世界20カ国以上で上映される)などの作品を世に送り出した四ノ宮監督が、藤枝で講演します。当日は『ゴミ捨て場の子どもたち』も上映します。

詳しくは以下のブログをご覧ください。
http://miraiyosouzu.eshizuoka.jp/e529207.html
3月13日(土)14時30分〜
藤枝市文化センター(藤枝駅から徒歩5分)
チケット:
 前売り 大人1000円 高校生以下200円
 当 日 大人1200円 高校生以下300円

ゴミの山に住む人々に関わり、四ノ宮監督が感じたものは、その「覚悟」とは・・・・
ぜひお越しください。

主催:エバーグリーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「我」をどうする?

我を忘れるため、走る。
我を取り戻すため、ヨガをする。

でも、ひさびさに走ったら筋肉痛でヨガのアーサナもちょいきつい。

やれやれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/18

「ガザ攻撃1周年・追悼集会」

【以下、転載】

土井敏邦です。2月25日(木)の「ガザ攻撃1周年追悼・報道規制を訴える集会」が1週間後に迫ってきました。改めて、ご案内をさせていただきます。お知り合いやご友人の方々に転送していただき、広報にご協力いただければ幸いです。午後6時半の開場ですが、満席の場合に備え、午後6時より会場前で整理券を配布します。よろしくお願いいたします。
2月17日  土井敏邦

●ガザ攻撃1周年追悼・報道規制を訴える集会

 ガザで起こった“本当のこと”
 〜ガザ攻撃 加害兵士と被害住民の証言〜

【趣旨】

「爆弾が降っている時の方が希望があった。あの時は、ガザ攻撃に反対して世界の多くの人々が声を上げてくれた。でも、今、世界はガザを忘れてしまった」——現在のガザ住民の悲痛な叫びです。

約1400人が犠牲となり、5000人以上が負傷したイスラエル軍のガザ攻撃から1年2ヵ月が経った今も、破壊されたガザの復興は進まず、人びとは生き続けるための必死の闘いを強いられています。

このガザの現実を覆い隠すため、イスラエルは今、報道規制を強めています。その象徴的な1例が、ジャーナリスト・土井敏邦へのプレスカード発行の拒否です。これによって、長年、ガザを取材し伝え続けてきた土井は、今その現場から切り離されようとしています。

しかし、これは、土井敏邦個人の問題に終わらず、パレスチナ報道に関わるジャーナリスト全体にとって深刻な事態です。パレスチナの現状を世界に伝え続けるために、私たちはイスラエルの報道規制に抗議の声をあげる集会を催します。

【日時】2010年2月25日(木曜日) 
(開場 18:30 /開演 19:00 /終了 21:30)

【場所】文京シビックホール /小ホール
http://www.b-academy.jp/b-civichall/access/access.html
(最寄駅)
・東京メトロ/丸ノ内線「後楽園」駅4b/南北線「後楽園」駅5番出口
・都営地下鉄/三田線「春日」駅/・大江戸線「春日」駅

【内容】
1)はじめに
 集会の主旨説明
2)映像
 『攻撃1年後のガザ』 
 『イスラエル人が見た“ガザ攻撃”』
 『アマル基金の報告』
3)リーディング(朗読劇)
 「ガザで起こった”本当のこと”」 —ガザ攻撃 加害兵士と被害住民の証言—
 演出:渡辺えり 台本構成:篠原久美子 
 出演:渡辺えり/根岸季衣/西山水木/円城寺あや/松村武/楢原拓ほか
 協力:非戦を選ぶ演劇人の会
4)問題提起「記録することの大切さ」(シグロ代表・山上徹二郎)
5)リレー・メッセージ
〔予定:渡辺えり/根岸季衣/土肥信雄(元三鷹高校校長)ほか〕
6)土井敏邦からの訴え

【参加費】1000円
【主催】「ガザ攻撃1周年追悼・報道規制を訴える集会」実行委員会
【連絡先】 090-3698−2178

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
土井敏邦 (DOI , Toshikuni)
URL:http://www.doi-toshikuni.net/(コラム「日々の雑感」)

『ガザの悲劇は終わっていない』(岩波ブックレット/7月7日出版)

映画「沈黙を破る」URL:http://www.cine.co.jp/chinmoku/
【アンコール上映】
【東京】 ポレポレ東中野 2月6日—2月26日
【石川】 シネモンド 2月13日—2月26日 
【福岡】 KBCシネマ 2月13日—2月26日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/10

写真展「インドネシア民主化運動と若きジャーナリストの死」

【以下転載】

写真展「インドネシア民主化運動と若きジャーナリストの死 −あの時アグスが見たもの−」

アグス・ムリアワンは、アジアプレスのジャーナリストとして東ティモール取材中にインドネシアの反独立派民兵組織の一団よって殺害されました。1999年9月のことでした。私たちは彼への追悼の意をこめて写真展を開催いたします。彼が草の根援助運動のインドネシア連絡員として、またジャーナリストとして取材した写真をご覧ください。彼の活動はわずか1年あまりでした。しかし、その写真には、インドネシアの激動の時代が凝縮されています。

日程:2010年3月13日(土)〜3月28日
時間:9:30-18:00(最終入館は17:00)
 ※開催初日、最終日のみ、展示時間は下記の通り
 3/13(土)13:00-18:00(最終入館は17:30)
 3/28(日) 9:30-13:00(最終入館は17:30)
場所:JICA横浜センター 2Fギャラリー
参加費:無料

主催(問合せ先):特定非営利活動法人 草の根援助運動
(People to People Aid:P2)
235-0036 横浜市磯子区中原1-1-28 3F
TEL: 045-772-8363 FAX: 045-774-8075
E-mail: office@p2aid.com
URL: http://p2aid.com

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アフィリエイト

アマゾンのアフィリエイト、やめました。そもそも、そぐわないですしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/01

「はじめての写真講座」参加者募集

写真のワークショップで講師をすることになりました。以下のとおり、参加者を募集します。(チラシをダウンロード
--
ワークショップ@ベトナム料理アンナム

「はじめての写真講座
 コンパクトカメラから一眼レフまで
」

ベトナムのスイーツを食べながら、旅行や趣味の写真の基本的なテクニックを身につけてみませんか? 感動の一瞬を記録する方法を伝授します。コンパクトカメラ、一眼レフ、フィルム、デジタルなど、カメラならなんでもOK。気楽にご参加ください。

●対
象:初心者
●内
容:
第1回 カメラの機能や構図、被写体との向き合い方などを説明します。

第2回 参加者が撮影した写真を鑑賞しながらレベルアップを目指します。 ※連続講座ですが、どちらか一方の参加も歓迎します。
●日
時:
第1回 2月27日(土)14:30〜15:30
第2回 3月20日(土)14:30〜15:30
●定
員:各回15人

●参加費:各回500円+飲食代(コーヒー/お茶、デザート)

●持ち物:普段お使いのカメラをご持参ください。

●会
場:ベトナム料理「アンナム」

     静岡市葵区伝馬町17-9 電話:054-250-2266
●講
師:望月良憲(フォトジャーナリスト)
●お申し込み:電子メールまたは電話にてお申し込みください。その際、以下の内容をご記入・ご連絡ください(電話申込の場合、お客さまの電話番号もお伝えください)。
①お名前
②お持ちのカメラ
③カメラ使用歴
④主な撮影対象
⑤ご希望の参加回
・電子メール:mchzk6@gmail.com(望月)
・電話:054-250-2266(アンナム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »