« Democratic Republic of Congo bans RFI: CPJ | トップページ | アフリカ行ってきます »

2009/08/06

帰国をためらうルワンダ難民

ウガンダの英字紙Daily Monitor(電子版)7月31日付によると、同国に滞在するルワンダからの難民の帰還事業に関し、ウガンダ西部の難民居住地の2万人のうち5500人だけが帰国した、と報じた。

この帰還事業はウガンダ、ルワンダ両国政府とUNHCRとの合意の下、7月31日を締切として実施された。UNHCR担当者は、三者が8月8〜10日の間に帰還事業を見直す会合を開くと述べている。

ルワンダ政府担当者が、同国難民の帰国を促すためにウガンダの難民居住地を訪問したところ、居住地から隠れる難民もいたという。ウガンダの難民担当者によると、多くのルワンダ難民が滞在するナキバレ難民居住地からは毎日約50人が逃げ出しているという。

関連記事:
Rwandans dodge repatriation:Daily Monitor
http://www.monitor.co.ug/artman/publish/regional-special/Rwandans_dodge_repatriation_88917.shtml

ウガンダにおけるルワンダ難民の帰還問題
http://mchzk.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-6e6e.html

|

« Democratic Republic of Congo bans RFI: CPJ | トップページ | アフリカ行ってきます »

アフリカ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500120/45856073

この記事へのトラックバック一覧です: 帰国をためらうルワンダ難民:

« Democratic Republic of Congo bans RFI: CPJ | トップページ | アフリカ行ってきます »