« We are all ... (1) | トップページ | ねじまき »

2009/02/26

ひさびさ読書

ちょっと時間ができたので、一気に4冊。

・塩川伸明『民族とネイション』(岩波新書)
 昨年読んだ英語文献の復習も兼ねて。アジアと日本の事例も扱っていて面白い。

・姜尚中『悩む力』(集英社新書)
 さすが姜さん。僕も漱石愛読者なので頷きつつ、一言ひとことがココロに沁みます。しかし、ハーレーに乗ることが必須項目だったとは!

・原寿雄『ジャーナリズムの可能性』(岩波新書)
 暗澹たる気持ちになることもあるけれど、やっぱ必読でしょうね。

・川原一之『闇こそ砦 上野英信の軌跡』(大月書店)
 このような生き方はなかなか出来そうにない。でも、その姿勢には大いに刺激を受けます。

|

« We are all ... (1) | トップページ | ねじまき »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500120/44180854

この記事へのトラックバック一覧です: ひさびさ読書:

« We are all ... (1) | トップページ | ねじまき »