« おなじ大地に生きる(8) スラムに生きる | トップページ | 想像力:We are all ... »

2009/02/20

木を見て森も見る

先日、第1ハードルと第2ハードルを越えることができた。来年度からは、広大な知の森に分け入ることになる。

さまざまな樹木を1本ずつ観察し、奥へ奥へと進んでいきたい。そして周囲を見渡し、その森の様子を把握するも、あるときは方向を見失って彷徨うもよし。そんなときは空を見上げ深呼吸して、ひと休みひと休み、慌てないあわてない。

出口はどうなっているのだろうか、いや、そもそも出口があるのかも定かではない。それは入ってみなければ分からないことだ。

|

« おなじ大地に生きる(8) スラムに生きる | トップページ | 想像力:We are all ... »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ハードルを越えているのか、なぎ倒しているのか分かりませんが、よろめきながらも、なんとか転ばずに進んでいます。

たしかに10年前ならなんてことないことでも、身体的にも精神的にも凹むことが多いです。ただ、経験を重ねるごとに「凸」と感じられることも増えたようです(しみじみと!?)。

最期までいってみないと言い切ることはできないのでしょうが、帳尻は結局のところ、ちょうどいいあたりに落ち着くようにできているのかもしれません。

投稿: 六 | 2009/02/24 15:52

一つひとつ、着実にハードルを越えているようで、わがことのようにうれしいです。
可能な限り自分が思ったように生きていくことは、年齢を重ねるごとに価値が高まるものだと思っています。年を取ると身体的に、精神的に身動きが取りづらくなってくるものです。
一度しかない人生、大切に、思いっきり過ごしてください。期待しています。

投稿: 濱の凡くら | 2009/02/22 06:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500120/44117215

この記事へのトラックバック一覧です: 木を見て森も見る:

« おなじ大地に生きる(8) スラムに生きる | トップページ | 想像力:We are all ... »