« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008/12/31

大晦日だから(だけど?)

無事スキャナーも届き、写真編集環境のデジ化はほぼ完了しました。あとは、時間さえあれば、撮りためたフィルムをじゃんじゃん取り込みたいところだけど、まだお預け。年末も年始も関係なく、休み休み適当な気分でお仕事にいそしむ。

片付けも一段落して、ヨガ納め。
瞑想で年越しの準備です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/30

ちょっとのんびり

おとといは20年来の腐れ縁の友人T夫妻と忘年会。小料理屋でおいしい魚をいただく。

ごちそうさまでした。

さらに、粋なお歳暮まで。台湾で買ったのか?香港製「出前一丁」詰め合わせを頂戴した。こりゃ楽しみだ。


今年の年末は、ちょっと風邪気味ながら、仕事などやるべきことが山積。ま、年始にかけて、ゆるゆるとこなしていくことにしよう。

あとは、最後のデジタル機材が届くのを待つのみ。これで、写真のデジタル移行がほぼ完了する。もちろんフィルムもちゃんと扱えるようにしております。

暗室ほしいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/29

お付き合い

先週末は、今年最後の受診。医者と相談した結果、薬を2種類減らすことにした。残りの薬のうち、1種類はちと依存性がありまして。もうちょっとお付き合いは続きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/28

「日米開戦と東条英機」

12月24日、TBS系列で放送された「シリーズ激動の昭和〜あの戦争は何だったのか」の第2部。ビートたけしが東条英機役で出演。

感想を端的に言ってしまうと、「こりゃドラマだな」ってところか。

軍服姿のビートたけしを見ると、役の階級に雲泥の差はあれ、ハラ軍曹を思い出してしまう。ビートたけしの東条英機は面白いし、単純に感動もした(特に、細かいところまで東條の人物像を描く上でのエピソードを再現している)。

ま、僕はビートたけしが東條をどう演じるかだけを楽しみにしていたわけだ。

関連記事:Merry Christmas Mr.Tojo
http://mchzk.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/merry-christmas.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱDENON!?

写真の編集作業がほぼデジタルに移行したことにともない、電源や接続ケーブルの関係上、作業効率を考え、部屋の模様替えをした。そしたら、テレビのアンテナコードが届かない…。そろそろ火を噴きかねない年代物のTVなので、この際、引退してもらうことにした(長年お世話になりました)。だから、最近TVはほとんど見てません。

もともとラジオを聴くことの方が多いのですが、先日、いまはむかしの学生時代にバイト代をつぎ込んで買ったデンオン時代のステレオを売り払ってしまった。チューナーは問題ないが、CDデッキは壊れ、アンプの調子もいまいちながら、スピーカーはそれなりのものだったので、買い手はすぐ見つかりました(AVマニアか?)。

しかし、それじゃあまりにも寂しいので、お寒いフトコロ事情にもかかわらず、無理して小型のコンポを新規導入。もちろんデノン。写真を出力するためのプリンター購入費に充てるために、ステレオを売ったのに、結局、年末にもかかわらず出費がかさんでしまった。

スピーカーもコンポ付属の小型のものになり、音の感触にちと違和感が。それでも、BassとTrebleを調整したら、そこそこの音が出ます(さすがDENON)。そんでもって、ひさびさにCDを堪能。ココロはちょっとほんわかです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/27

文字サイズ2

先日、文字サイズを「小」にしてみましたが、自分で見ていてどうしても見づらい。紙に印刷されたものと違って、ディスプレーの文字は疲れるんです。僕はデジタルネイティブじゃないから(言葉の使い方がちと違うか…)。
http://www.nhk.or.jp/digitalnative/

というわけで、文字サイズは「中」に戻し、字体を「明朝」にしてみた。ディスプレー上の明朝体も気持ち悪いかもしれないけど、しばらく試してみることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/26

地球上のどこかはまだクリスマスだから

日本では日付が変わってしまいましたが、西の方ではまだ25日です。

クリスマスは、いろんなことを考えさせる一日でもあります。音楽でいえば、10代後半はジョン・レノンの「War is over」を聴いてましたが、ここしばらくは(って、10年以上か?)高橋幸宏の「神を忘れて、祝へよ X'mas time」ですね(作詞:鈴木慶一、作曲:高橋幸宏)。
http://jp.youtube.com/watch?v=iOq5YDiveT4

--
戦車の中で眠る 声のない人たち
避暑地の砂に座り 身を焦がす人たち

暑い国も 凍える国も
血を流す民も それぞれの

神を忘れて 祝えよ X'mas time
ひとりひとりが 愛となれよ

教会で誓いあった 愛のない友だち
墓石の下で眠る 罪のない友だち

強い者よ 懺悔する人よ
逃げまどう民よ それぞれが

神を畏れて 祈れよ X'mas time
ひとりひとりが 神となれよ

西の神や 東の神や
砂漠の神たち それぞれが

神を忘れて 祝えよ X'mas time
ひとりひとりが 愛となれよ

愛を見つけて 祝えよ X'mas time
君とぼくとが 愛になるよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/24

Merry Christmas Mr.Tojo

ビートたけし×東条英機
http://www.tbs.co.jp/anosensou2008/index-j.html

いま僕の部屋にはTVがなく、階下の親は別の番組を見ているので、いちおう録画。あ、フォトジャーナリストの桃井和馬さんが長尺CMに出てる「天空のロストワールド」の録画も見となかきゃ。って、アフリカ関連ドキュメンタリーもたくさんため込んでいる。今週末はTVづくしか。
http://www.tv-asahi.co.jp/lostworld/

うぅ、六ヶ所村の再処理工場も、浜岡原発も気になる。そして、アフリカ。地道にやるしかないな。

それと、「asahi.com」に坂本龍一氏のインタビュー記事が出ていた。「音楽」と「写真」を入れ替え、ベクトルをちょっと変えて考えてみる…。う〜む。
http://www.asahi.com/digital/internet/TKY200812180219.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/20

日本軍「慰安婦」裁判

以下、転載です(一部編集あり)。

--
■最後の日本軍「慰安婦」裁判
 2008年12月25日(木)10:00から

海南島日本軍「慰安婦」裁判/第6回本人尋問/結審 
※原告のおばあさんが海南島から来日して法廷でお話されます。

たびたびニュースにとりあげられてきた「慰安婦」問題。1991年に金学順さんが自らが「慰安婦」であったと名乗り出てから中国・韓国などに住む元日本軍「慰安婦」の方々は裁判を通して日本政府に補償を訴えてきました。今回の海南島日本軍「慰安婦」裁判は実質、最後の日本軍「慰安婦」裁判になるといわれています。

海南島は中国の南端にある島です。来る12月25日、暖かな海南島から何時間もかけて原告の陳金玉さんは真冬の東京にやってきます。戦時に受けた性暴力、そしてその後も続く苦痛を訴えるためです。

今回の裁判は結審であり、おばあさんが証言台にのぼるのもこれが最後になります。おばあさんの声に耳を傾けてみませんか? 裁判を傍聴することで裁判官に世間が注目している裁判であるということをアピールすることもできます。そしてなにより、陳金玉さんは今回が初めての来日です。皆様から応援していただくことが裁判に臨む励みになると思います。

裁判所なんて行ったことがないので勝手がわからない、という方。9:30に丸の内線霞ヶ関駅A1出口に来てくださればハイナンNET(中国海南島戦時性暴力被害者への謝罪と要求を求めるネットワーク)のメンバーが案内します。また、裁判の後には報告集会にて初めての方々にも解るよう、弁護団の皆さんが裁判の解説をしてくれます。是非、お誘い合わせの上、気軽に裁判所に足を運んでみてください。

【日時】2008年12月25日(木)10:00−
【場所】東京高等裁判所424号法廷(丸の内線・霞ヶ関駅A1出口徒歩1分)

!!注意!!
法廷が変更したり、傍聴券配布になる可能性もあります。変更の場合はハイナンNETブログにて情報を掲載しますので、以下のブログをご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/hainan-net


■海南島日本軍「慰安婦」裁判 報告集会
【日時】2008年12月25日(木)18:00−20:00
【場所】文教シビックセンター4階 シルバーホール(シルバーセンター内)
【アクセス】
http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html
【資料代】500円


ハイナンNET(中国海南島戦時性暴力被害者への謝罪と要求を求めるネットワーク)
TEL: 03-5379-2607 FAX:03-5379-2608
E-mail:hainan-net@mail.goo.ne.jp HP:http://www.hainannet.org 
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-2 伊藤ビル3F
中国人戦争被害者の要求を支える会内 ハイナンNET

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/18

ここにいます

以下のブログに「研究生1人」という記述があります。それが僕です。
http://konagblo.blog.shinobi.jp/Entry/3/

まったく、近ごろの学生ときたら、
スゴイですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/17

米俳優ベン・アフレック、コンゴの現状伝えるドキュメンタリーを撮影(AFP)

http://www.afpbb.com/article/entertainment/movie/2550744/3619124

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Attack 'ends Uganda peace talks' (BBC)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/7783417.stm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/13

文字サイズ

記事の文字サイズを「中」から「小」に変更するとともに、行間を広めにしました。

これまで、僕が自宅Macで見やすい文字サイズにしていたのですが、別のPCで見たら、でかくてあまりクールではない(気づくのが遅いですね。でも他人のPCで自分のブログを見ることはまずないですから)。そこで、設定変更したわけです。もともとシンプルなデザインなので、クールになったかどうかは定かではありませんが。

もしかしたら、この設定変更で読みにくくなった方がいるかもしれません。恐れ入りますが、ブラウザで文字サイズを変更して快適な環境でご覧いただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Rwandan aide 'backs Congo rebels' (BBC)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/7780948.stm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/12

そろそろ満月

いちおう朝、起床する生活は維持。雨戸を閉じているので、外が快晴でも室内は真っ暗。暖をとるか、明をとるか。ま、生活のリズムが整えば、朝、目覚めるんだろうけど、なかなかそうはいかないのが辛い。

Macの前での作業は午前中でおしまいにして、眼鏡屋へ。フレームをチョイスし、レンズを発注。東京にもあるように、30分程度で眼鏡を作ってくれる店なのだが、僕のレンズはちょっと特別なので、数日かかるそうな。

その後、大学図書館のキャレル(一人用個室)で英語文献に取りかかるが、う〜ん、狭いのが苦しい。結局、近くのソファを独占し、ひげ面の態度の悪いオッサンが眉間に皺寄せて、本を片手に居眠り。

ヤイヤイ。

日没後、お腹が空いたので自転車で家路を急ぐ。空を見上げれば、きれいなお月様。なかなか気分がよい。信号待ちのとき、しばし見とれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真展「おなじ大地に生きる」@浜松、終了

先般、静岡県立大学で開催された「オックスファム写真展リレー」との同時写真展「おなじ大地に生きる」は先月、epfメンバーであるYou僕民氏との二人展として、東京・新宿のBarでグレードアップ展示を行いました。
http://www.epfphoto.com/

また、このたび、静岡文化芸術大学(静岡県浜松市)でも「オックスファム写真展リレー」とともに、私の上記写真展「おなじ大地に生きる」を同時開催することができました。
http://oxfam.jp/2008/12/post_182.html

情報が集中し飛び交う東京での写真展は魅力的です。そして、さらに、地元静岡で少しずつ培ったネットワークを大切にして、地方からの発信に今後とも力を入れていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/11

成長

この年末は、これからの5日間が勝負。そういうわけで、昨夜、「僕の五日間計画」を立てた。


昨日撮影した写真をセレクト&編集。納品先は自転車で10分。このままだと今日は引きこもり状態なので、髭剃って着替えて、CDRをお届け。

さて、英語文献に取りかからねば。が、やる気にならないので、ヨガにする。

しかし、ヨガもできず、結局、何もせず。すでに「僕の五日間計画」は破綻。


明日は、眼鏡屋へ。スペア眼鏡のフレームが届いたとの知らせ。近視だけでなく、乱視が強い僕の眼鏡のレンズは、たぶんアフリカでは作れないだろうから、トラブルに備える。と、いちおう、引きこもりだけは避ける手はずはしておく。


この1年で、昨年一気に落ちたマイナスからゼロ付近まで何とか持ってきた。この歳で言うのもなんだが、ちょっと成長したような気もする(自分で言うなって)。でも、ここんところ、ちいっとふらつき気味か。ベクトルの方向は、あさっての感はあるものの、いちおう歩き出したんだけどなあ。

昨日、学生時代の友人と「篤姫」いいね、とザツダン。宮崎あおいのこのCMは何年前かな。成長したなあ。
http://jp.youtube.com/watch?v=_ldB4wG0lJY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/09

迷走

坊さんではありませんが、僕もそれなりに走っております。そんな季節です。

しかし、雑務に追われて、ゼミのスケジュールを間違え、プレゼンできず。目の前に、日程表を貼ってあるのに。記憶だけを頼りに、この多忙な時期を乗り切るのは、僕にはまだ無謀な試みのようです。

やはり、iPnoneがあるとスケジュールも制御しやすいのかな。あ、でもMobileMeも使わないとダメなんだよな。先立つものが…。

心配、期待などの煩悩とともに生きるしかないのです。瞑想して寝よっと。


明日は学生時代の同級生が、大学で特別講義。SB-800を抱えて冷やかしに行こっと。
http://www.umpire-dc.org/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Powering Africa's future (BBC)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/7765791.stm

うーむ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/06

Nokia N97

3日付の記事で、N82がいいなあと書きましたが、N97ってのが出たんですね。日本じゃないけど。高いんだろうなあ。
http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20384640,00.htm

そして、やっぱり、E71は出ませんか…。
http://mainichi.jp/life/electronics/news/20081205mog00m300026000c.html

5日付でこんな記事を見つけたんだけど、とにかくN82は売ってしまわんとってな魂胆か、ちゃんとケアをしていってくれるのか、高級機のN97はやってくるのか。
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/review/43111.html

すくなくとも、執事のノキアには縁がないだろうから、それは無視です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/05

「取材を受ける」という行為

中日新聞(静岡版)12月4日付「おはよう」欄でフォトジャーナリストとして紹介されました。Web版には掲載されないそうなので、ご覧になりたい奇特な方は、一手間二手間かける必要がありますが、感想などいただけると嬉しいです。


なるほど、客観的には、僕はこのように見える(ことがある)のだな、と認識するよい材料になりました。先般の「キャンパスらいぶ」に引き続き、地元静岡から足場を固めているとの感触を得ています。
http://mchzk.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-5f08.html

「取材を受ける」という行為(己自身をいかに表現するか)の難しさも経験できました。僕がこれまで取材してきた人びとは、僕が書いたもの撮影したものを見て、どのように感じただろう。そんなことを思いました。

あと、見出しで「ウガンダの紛争報告」とありましたが、これは間違い。整理部が付けたんだろうけど、そんなところに、アフリカと日本の「距離」を感じてしまいます。

本筋とは関係ないのですが、この記事の真下に、浜岡原発のPR館の電飾イルミネーションを紹介する記事「浜岡原子力館輝く」が割り付けられていたのには、苦笑いでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/04

【現場からの報告】コンゴ、戦闘激化—支援に奔走する日本人女性職員の活躍(日本UNHCR協会)

【日本UNHCR協会メールニュースNo.84より一部転載】

----------------------------------------------------
1. 【現場からの報告】
  ・コンゴ、戦闘激化—支援に奔走する日本人女性職員の活躍
----------------------------------------------------

コンゴ民主共和国での反政府勢力と政府軍の戦闘激化に伴い、UNHCRは、北キブ州にある、戦闘地域に隣接したキャンプに避難していた国内避難民の人々を、より安全な場所へと移動させる対応に追われています。このキバティキャンプでは、UNHCRゴマ事務所 今井飛鳥フィールド・オフィサーが避難民への支援を続けています。
▼詳細はこちらから
http://www.unhcr.or.jp/news/2008/081203_1.html

さらに、約1万3000人のコンゴ難民が国境を越えてウガンダへ逃れています。現地で指揮を取っている高嶋由美子UNHCR緊急援助チーム・リーダーが、厳しい現状を伝えています。「避難してくる難民の数は増え続けています。さらに多くの難民を国境付近から安全な場所へ直ちに移送する必要があります」
▼詳細はこちらから
http://www.japanforunhcr.org/act/a_africa_drc_n_07html

このコンゴ民主共和国の内戦の犠牲となって避難を強いられている人々を支えるために、皆様の迅速なご支援をお願いいたします!

■下記サイトから、「アフリカ地域:コンゴ民主共和国 緊急支援」をご指定ください。
http://www.japanforunhcr.org/donate/index_mn.html
※通信欄に、「メールニュースを見て」とお書き添えください。

■ご寄附を郵便局からご送金いただく場合
郵便局 : 口座番号 00140-6-569575 加入者名 UNHCR協会
※通信欄に、「コンゴ 緊急支援」とお書き添えください。
※振込み手数料は「加入者負担」です。
 用紙が必要な場合はご連絡ください(03-3499-2450)。
-----------------------------------------------------

-----------------------------------------------------
2. 【ヴァイオリニスト・川井郁子さんがウガンダを視察訪問】
-----------------------------------------------------

ヴァイオリニスト/作曲家の川井郁子さんが、アフリカにいる難民の子どもたちに音楽を届けたいと、2008年11月ウガンダを訪問しました。日本UNHCR協会の評議員として、2007年11月のタイの難民キャンプ訪問に続き、2回目の視察訪問です。
▼訪問記はこちらから
http://www.japanforunhcr.org/sp/sp_kawai_03.html

【現場からの報告】でご紹介した高嶋由美子UNHCR職員も、援助現場を数日間だけ離れ、川井郁子さんが訪問した難民居住地にかけつけました。ウガンダ西南端部の国境地域と、中部にあるキリヤンドンゴ難民居住地との間を、車で片道10時間を往復したそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルシュル(Rutshuru)への戦闘拡大、13,000ものコンゴ人たちがウガンダへ流入(UNHCR)

http://www.unhcr.or.jp/news/2008/081203_2.html


僕が1カ月間滞在した9月とは、状況が激変しています。動きたいが、まだ足場が固まっていない。我慢だ。

上記ニュースの写真のクレジットを見たら、あ、このひと9月に会ってます。ウガンダの首都カンパラのショッピングモール"ガーデンシティー"でOxfamが主催したアドボカシー写真展のフォトグラファーです。LRAとの紛争で荒廃した北部の復興の様子を広報する企画でした。

名刺交換したので、帰国後、彼のHPを見たら、あれ?コマーシャル系のフォトグラファーなのかと思ったけど、バッチリ取材してます。メールでエールだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/03

Nokia

先週、以下URLの記事が出てましたが、SoftbankのN82は出ましたね。ごちゃごちゃ機能満載の日本製携帯より、シンプルかつ自由度の高そうなノキアには頑張ってほしいのだけど。

N82は、いま使っている機種のローンが終われば、すぐにでも買い換えたい(もしMacとの同期相性がよいなら尚更)。

http://www.nokia.co.jp/support/contactus/notice.shtml
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/news/20081128/1021365/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/02

イベント3つ@静岡県立大学

僕が在籍する静岡県立大学で12月6日(土)、3つのイベントが開催されます。開催時間がかぶってますが、東京ではなく地方発のグローバルで熱い議論が展開されるはずです。皆様のお越しをお待ちしております。

1.世界各地の食事情に学ぶフード・セキュリティの未来
http://ceglos.u-shizuoka-ken.ac.jp/symposium_dfjKucRs.html
13:00-18:00(小講堂)

2.戦場のドクター 〜イラク戦争を生きて〜
http://mchzk.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-0cc3.html
14:00-16:00(経営情報学部棟4111教室)

3.地球のスライドショー
http://mchzk.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-c5de.html
18:00-20:30(管理棟地下食堂)


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Uganda rebel fails to sign deal(BBC)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/7756520.stm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/01

コンゴ民主共和国(DRC):キブ州情勢 ―11月24日現在―(MSF)

http://www.msf.or.jp/news/2008/11/1455.php


WEB キャンペーン:危機に陥ったコンゴ民主共和国—紛争に巻き込まれた人びとの声(MSF)
http://www.msf.or.jp/special/condition_critical/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真展終了のあと

写真展の会場(Bar)にいた日は、夕食は外で食べておいたのですが、小腹が空けばトムヤム粥(結構イケマス)を作ってもらったり、世界中のビールが飲めたり。最終日も、5時間もBarにいれば、それなりに酔っぱらうので、閉店前に開場を辞すことに(撤収を翌日にしておいてよかった)。

しかし、そのままアジトに帰って寝袋を二重にして布団をかぶるのも寂しいので、自ずと歩みは新宿ゴールデン街へ。

三丁目をぬって、靖国通りに出たら花園神社の祭の雑踏で目が回りそう。人混みを避けて脇道に入って、しばし迷子。


G街でもちょっと雰囲気の違う店で酔い覚ましのビールを一杯。KSさんも踏ん張ってますな。僕は終電にあわせて(あわてて)失敬。

アジト近辺のラーメン屋がまだ営業しているのを発見し、迷わずのれんをくぐる。豚骨ラーメンにニンニクをぶち込み、ガクセイ特権で無料替え玉をいただき満足。カラダには非常によくない行動パターンであるのは十分承知なんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真展終了@新宿御苑前

_mch3096_bw_small
【スラム街の子どもたち(ウガンダ・カンパラ2008年9月)】


東京・新宿のBarでの二人写真展「おなじ大地に生きる」は11月29日、無事終了しました。足を運んでくださった皆さん、そして関心を持ってくださったすべての方に感謝。


友人や元同僚、ジャーナリスト、フォトグラファーの仲間が見に来てくれたほか、開場のBarが「国際協力」をうたっているので、感度の高い客層が多かったようです。最終日は、かつての先輩同僚が見に来てくれました。ちょっと感動。


みなさん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »