« GPS | トップページ | コンゴ民主共和国 : 戦闘が招く人道的悲劇(アムネスティ) »

2008/11/23

取材をする側受ける側

いつもは取材をする側なのだけど、昨日は某紙の取材を受けた。

取材はするのも難しいが、受けるのも至難。ちゃんと伝わったか。言葉を選ばないと、間違って理解されかねない。寄稿と違って、原稿のコントロールがまずできないから、怖くもある。

取材対象者との信頼関係って、大事だと、あらためて実感。どう話そうか、キーワードは何か。横になって考えていたら、いつのまにか寝てしまった。

結局、自分をさらすのがよかろうと腹をくくる。いっとき格好つけても、いつか地が出るものだ。


硬い話が終わった後は、飲み屋に直行。僕は最近、酔うと記憶をなくすことがある。嗚呼、怖い怖い。


ふう。今夜あたり、瞑想気分です。

|

« GPS | トップページ | コンゴ民主共和国 : 戦闘が招く人道的悲劇(アムネスティ) »

ココロとカラダ」カテゴリの記事

ジャーナリズム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500120/43204432

この記事へのトラックバック一覧です: 取材をする側受ける側:

« GPS | トップページ | コンゴ民主共和国 : 戦闘が招く人道的悲劇(アムネスティ) »