« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008/11/29

風景ルルル わたしのソトガワとのかかわり方

自分の写真展の最終日前日、標記アート展に行ってきました。以前、静岡くんだりまでまざわざおいでになった鑑真和上にもひと声をかけられましたが、今回も刺激的でした。ルルル。

静岡県立美術館
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/japanese/exhibition/kikaku/2008/04.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最終日:写真展「おなじ大地に生きる」

_mch2996_bw_small
【日曜礼拝を抜け出した子どもたち(ウガンダ・カンパラ2008年9月)】

写真展「おなじ大地に生きる」は本日が最終日。新宿のBar 4S+(クワトロエスプラス)で開催しています。皆様のご来場をお待ちしています。

この二人展の詳細は以下をご参照ください。
http://mchzk.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-aaed.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンゴ情勢悪化、ウガンダに大量難民1万人以上(AFP)

http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2543619/3565793?pageID=2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/28

世界各地の食事情に学ぶフード・セキュリティの未来

先に紹介したふたつのイベントと同日ですが、次のシンポジウムも見逃せません。

--
静岡県立大学グローバル・スタディーズ・センター(CEGLOS)と大阪大学グローバル・コラボレーション・センター (GLOCOL)の共催で一般公開シンポジウム「世界各地の食事情に学ぶフード・セキュリ ティの未来」を下記要領にて開催いたします。ふるってご参加くださるようお願いいたします。

■日時:2008年12月6日(土)13:00─18:00
■会場:静岡県立大学小講堂
■入場無料・聴講自由・事前予約不要(先着200名様まで着席可能)

詳細は、静岡県立大学グローバル・スタディーズ・研究センターHPをご参照ください。
http://ceglos.u-shizuoka-ken.ac.jp/Top.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地球のスライドショー

いろんなところでやっているイベントのようですが、こちらも静岡県立大学の学生サークルが主催のイベントです。是非ご参加ください。

---
■地球のスライドショー
 松本英揮 全国ツアー 〜エコロジストたちの詩〜

世界83カ国を旅しながら、各地の自然や環境に対する取り組みを写真に収めてきた松本さんが、スライド写真にあわせた軽快なトークで、“地球の今”を伝えます。先進国の豊かさのために破壊された途上国の環境の実体・精神的な豊かさとはなにか? 世界を自分の目で見て感じたものを言葉で伝える松本さんの講演は、ダイレクトに心にしみてきます。静岡にいながら世界を旅してみませんか!

■日時 12月6日(土)
■会場 静岡県立大学 下食堂
■開場 17:30
■開演 18:00〜20:30
■チケット(予約または前売り販売)
    一般 500円
    学生 300円
    高校生以下無料
■スライドショー終了後、松本さんを囲んで懇談します。
 参加費:300円(要事前予約)

■主催 WPAS-ダブルパス-(旧アジアクラブ)
チケットお問い合わせ:kendaiwpas@yahoo.co.jp
(学生が主催している講演会です。入場料は松本さんの交通費にあてられます。余剰金はNPO活動費に寄付しますので、よろしくお願いします。)

■「松本英揮 の ホームページ」
http://www.miyazaki-catv.ne.jp/~ecohideki/index.htm
---

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/27

戦場のドクター 〜イラク戦争を生きて〜

静岡県立大学の学生が標記イベントを開催します。静岡発イラクを考えるイベントです。ご来場お待ちしています。

---
■戦場のドクター 〜イラク戦争を生きて〜
 今こそ考える、戦争・平和・医療

戦争って…? 平和って…? 一緒に考えてみませんか。
のどかで平穏なここ静岡ですが、世界はいま混迷を極めています。石油危機や金融危機にあえぐ世界情勢にあって、現在も戦闘が継続しているイラクは、国際社会の中で置き去りになっています。講師であるシャキルさんは、そんなイラク出身の医師として、母国で体験した惨状をありのままに、そしてわかりやすく、私たちに語りかけてくれます(時折日本語を交えて!)。戦争のこと、平和のこと、医療のこと、新聞やテレビだけではわからない、実体験を踏まえたシャキルさんの生の報告で、今こそ一緒に考えてみませんか?(ニコニコ学習会)

■講師 モハメッド・ヌーリ・シャキル(イラク出身医師、大阪大学大学院在籍中)
■日時 12月6日(土)14:00〜16:00(開場13:30〜)
■会場 静岡県立大学 経営情報学部棟 4111教室
■参加費 一 般 500円
     大学生 300円(学生証の提示が必要です。)
     高校生 200円(同上)
     中学生以下 無料
(集まったお金は講演企画の諸経費とシャキルさんの今後の活動にあてます。皆様のご協力よろしくお願いします。)

■主催 ニコニコ学習会(静岡県立大学学生サークル)
■後援 POC、WPAS[ダブルパス](静岡県立大学学生サークル)

■お問い合わせ
 静岡県立大学 国際関係学部 荻島達也
---

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/24

写真展は29日(土)まで

写真展「おなじ大地に生きる」は29日(土)まで、新宿のBar 4S+(クワトロエスプラス)の営業時間に開催しています。

ご来場の際には、世界各国のビールを飲みながら、会場設置のノートにコメントを残していただけると嬉しいです。

この二人展の詳細は以下をご参照ください。
http://mchzk.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-aaed.html

僕は最終日の29日夕刻から会場で何か飲んでいる予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キブ北部の避難したコンゴ人へ、極めて重要な緊急避難所一式を空輸(UNHCR)

http://www.unhcr.or.jp/news/2008/081119_1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウガンダで流行のエボラ出血熱、新種ウイルスを確認 米研究(AFP)

http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2541640/3546777

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危機に陥ったコンゴ民主共和国 —紛争に巻き込まれた人びとの声—(MSF)

http://www.msf.or.jp/special/condition_critical/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンゴ民主共和国 : 戦闘が招く人道的悲劇(アムネスティ)

http://www.amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=547

ニュースリリース - コンゴ民主共和国(同)
http://www.amnesty.or.jp/modules/news/index.php?storytopic=65

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/23

取材をする側受ける側

いつもは取材をする側なのだけど、昨日は某紙の取材を受けた。

取材はするのも難しいが、受けるのも至難。ちゃんと伝わったか。言葉を選ばないと、間違って理解されかねない。寄稿と違って、原稿のコントロールがまずできないから、怖くもある。

取材対象者との信頼関係って、大事だと、あらためて実感。どう話そうか、キーワードは何か。横になって考えていたら、いつのまにか寝てしまった。

結局、自分をさらすのがよかろうと腹をくくる。いっとき格好つけても、いつか地が出るものだ。


硬い話が終わった後は、飲み屋に直行。僕は最近、酔うと記憶をなくすことがある。嗚呼、怖い怖い。


ふう。今夜あたり、瞑想気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/21

GPS

Nikon D300などではGPS情報を撮影時に記録できるそうな。おぉこりゃ便利と探してみたら、結構いい値段ですね。いずれにしても実物を手にとってから導入すべきか否か判断したい。ほかにも海外でよさげな製品もあり、円高の当節、悩みます。

Nikon GPSユニット GP-1
http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/accessory/others/index.htm#gp-1
N2 di-GPS mini
http://www.di-gps.com/di-GPS/n2.htm
Geomet'r GPS Receiver
http://www.semsons.com/gegpsreforni.html

もちろん、撮影できない状況もあるので、高性能でなくてよいからハンディーGPSも欲しいなあ。って、先立つものはないのだけど…。
http://www.iiyo.net/outdoor/products.htm#basic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/20

写真展スタート

先日お知らせした写真展「おなじ大地に生きる」が昨晩、無事スタートしました。

時間のないなか、準備に手間取りましたが、なんとか。


上京バスに遅れそうだったので、チャリでダッシュ。途中、植木に引っかかりすっころぶ。反射的に写真をかばう。ガラス入りの額だからね。ずいぶん前にも、チャリに二人乗りしていて、落っこちて、カメラをかばった記憶が。取材じゃないところで、生傷が絶えません。


今回は、二人展です。浄と俗、陰と陽。


初日は、学生時代の先輩が同僚と来場してくれました。

その後、いつもはカウンターの向こうとこちらの立ち位置にいる、仲間のジャーナリスト兼バーテン兼その他諸々のYTさんが、出張先の静岡から駆けつけてくれた(僕は静岡から東京に設営に来たのだから、完璧すれ違いでした。感謝)。カウンターの隣に座ってお話しするのは新鮮な眺めですね。

さらに、僕の酔いが回ってきたころ、またまた仲間のKTさんが来てくれた。これからの世界について談義。

僕の次の上京は、写真展最終日の29日(土)夜です。ご来場お待ちしてます。もちろん、僕がいないときも、世界中のビールが皆様のお越しを待ってますヨ。いい気分になったころで結構ですから、ノートにコメントを残していっていただけると感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/17

写真展「おなじ大地に生きる」開催@東京新宿

Dmomote

11月初旬、アフリカ導入編として静岡県立大学の学祭で行った標記写真展を東京・新宿のBarで開催します。今回はepfメンバーとの二人展としてバージョンアップ。

僕は初日19日(水)と最終日29日(土)の夜、会場にいる予定です。ご来場をお待ちしております。

○場所:Bar 4S+(クワトロ エス プラス)http://4splus.com/
 (会場は飲食店のため貸切の日もあります。上記HPで日程が確認可能)
 〒160-0022 東京都 新宿区 新宿1-2-6 花忠ビルB1F
 TEL:03-3358-5609

○会期:11/19(水)18:00-11/29(土)24:00
 (昼11:30-13:30と夜18:00-24:00。※月曜日は定休日)

○写真:ウガンダのモノクロ8点と、ありがたい空と水の数点。

○関連記事:
 ・アリ宣言
  http://mchzk.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-5f08.html
 ・写真展終了@静岡県立大
  http://mchzk.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-4a4f.html
 ・写真展コンセプト
  http://mchzk.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-2399.html
 ・写真展「おなじ大地に生きる −アフリカ・ウガンダより−」
  http://mchzk.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-2e43.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/16

Impossible task for UN in DR Congo(BBC)

https://app.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?blog_id=270725

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/12

山ごもり

明日から静岡の山奥に三泊四日。

残念ながらお仕事です。

ひさびさにバックパックを引っ張り出し、着替えと資料と機材を詰め込む。が、できるだけ軽めに調整。先般、新たなヨガの体位を試していたら、無理だったららしく、背中の筋が痛い。

ま、川沿いの新鮮な空気を吸収しつつ、のんびり歩いていくとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アリ宣言

11月9日付「中日新聞」(静岡版)15面の「キャンパスらいぶ」に僕のエッセーが掲載されております。ワタクシ、一応、学生ですから。

難民の予備調査のため、9月にアフリカ・ウガンダを訪れた経験をまとめたものです。同紙インターネット版にも掲載されています。ご覧いただければ幸いです。
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/shizu_area/campuslive/list/2008/CK2008110902000037.html

コンゴ難民について書いていますが、執筆当時(9月末)と掲載された現在では、現地情勢はまったく違う。UNHCRも精力的に活動しているとの情報を得ている。

「難民の現実に触れ驚き」との見出しを付けてもらってますが、僕自身は、この記事を「アリ宣言」と名付けたい。

以前、犬みたいなペンネームで活動していました。番犬の意味合いもあったけど、まあカワイイ名前です。で、今度はアリ宣言です。

アフリカのアリに噛まれると、ものすごーく痛いんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/09

2ストライク・3ボール

「News23」は23:00から始まるんですが、「2ストライク・3ボール」という意味も込められていたそうな。

TBSラジオ「久米宏 ラジオなんですけど」のオープニングトークでそんな話が出てました(ポッドキャスト11/8放送分)。
http://www.tbs.co.jp/radio/kume954/pod/index-j.html
http://podcast.tbsradio.jp/kume954/files/20081108.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/11/07

どこへいった

忙しいんだけどね、極力のんびり行動しとります。で、結局あとでドタバタする羽目になるのか…。

開高健の言葉に「悠々として急げ」というのがありますが、最後の二文字は見なかったことにしよう。一休さんは「極楽は酒屋の門にあり」と詠んだそうですが、異議なし。


どっかにあるはずが見つからない『朝日ジャーナル』の最終号に、TBS「NEWS23」の番組終了直後にスタジオから出る筑紫哲也氏の写真が同氏の記事とともに掲載されていたはず。

その写真には、マルボロも写っていたと記憶している。僕も同じタバコを吸っていたことがあるので、印象に残っている。その筑紫氏が7日、肺がんで亡くなった(73歳)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/11/06

【緊急】コンゴ民主共和国で内戦激化、多くの国内避難民が避難を強いられる(日本UNHCR協会)

http://www.japanforunhcr.org/act/a_africa_drc_01.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Thousands flee DR Congo clashes (BBC)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/7710467.stm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/04

Tシャツ「蓮(hasu)」販売中

野毛商店で扱っていただいている、Tシャツ「蓮(hasu)」のご注文を受け付けております。オーガニックコットンのTシャツで、フェアトレード商品です。ヨガ・ウェアとしてだけでなく、普段着としてもお使いいただけます。

Yoga_mt02
胸元に蓮のつぼみの写真(モデル:M.T., 150cm, XSサイズ)

Hasu01

もし収益がでたら、アフリカの難民とHIV/AIDS孤児の支援、ベトナムの子どもの奨学金に充てるとともに、僕の活動をちょっとだけ支えてもらうつもりです。

野毛商店
http://nogefarm.cart.fc2.com/?ca=19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/03

写真展終了@静岡県立大

_mch3622small

11月1-2日の両日開催のミニ写真展「おなじ大地に生きる −アフリカ・ウガンダより−」は、同時開催の「Oxfam写真展リレー」とともに、252人もの来場者にご覧いただくことが出来ました。関心を持ってくださった皆さまにお礼申し上げます。新しいつながりも出来ました。

また、新たな展開も仕込み中です。今後ともご支援賜るようお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/02

Situation of eastern DR Congo (BBC)

Congo exodus as terror spreads
http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/7698459.stm

Urgent diplomacy in Congo crisis
http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/7700897.stm

'Human catastrophe' grips Congo
http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/7701269.stm

Congo aid 'to cross front line'
http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/7704628.stm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真展コンセプト

今回のミニ写真展「おなじ大地に生きる −アフリカ・ウガンダより−」のコンセプトは以下のとおり。ご来場お待ちしております。

写真展の詳細はこちらをご参照ください。
http://mchzk.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-2e43.html

--
紛争、貧困、難民――あなたはアフリカと聞いて何を想像しますか。

事実、アフリカでは、それらの問題が集積しています。

しかし、同時に、あなたや私と同じように、大切な家族や友人がいて、
毎日を幸せに暮らしたいと願う人びとが、おなじ大地を歩いています。

写真の人びとの視線と目を合わせてください。

もし、あなたの心がほんの少しでも何かを感じたら、
その経験を家族や友人に伝えてください。

私がもっとも恐れるのは無関心です。
知ることから始めましょう。

こちら側とあちら側、可視不可視を問わず、
あらゆるボーダーを乗り越える方法を
一緒に考えていただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/01

コンゴ民主共和国(DRC):東部で戦闘激化、ゴマとその周辺で援助活動を継続(国境なき医師団)

http://www.msf.or.jp/news/2008/10/1373.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい朝が来た?

朝、目覚める。ラジオ体操よろしく「希望の朝が」のんきにやってきたわけではないが、それほど悪くない。

おそらく、今回の上京で会いたいと思っていた人にとりあえず会えたからだろうか。

軽く朝ヨガ。

さて、本日はepfのミーティングである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿徘徊

10月31日、昼過ぎに目覚める。昨日今日は「休日」なので、これでよいのだ。

アジトは、インターネットのインフラが未整備なので、電波を求めて近所を徘徊。振り込め詐欺防止のためか、どこの銀行や郵便局、ATM前にも警官や警備員が目を光らせております。

ひげ面の怪しい男が行ったり来たり。誰何寸前の視線を感じるので、隣駅に徒歩で移動。ここまで来て、ネット環境ばっちりの場所を発見。


昨夜は終電で帰ったので、風呂に入ってない。今日は、人と会う約束があるので、銭湯開店直後に入湯。明るいうちの風呂は気持ちよいです。

アジトに戻って、ラジオを聞きつつ休憩。頃合を見計らって、仲間のフォトグラファーSYさんが写真展を開催している新宿御苑前のBarへ。端から見たらアホな話かもしれないけど、僕にとっては、まるで「AVANTI」の会話のようで、小気味が好い(一応、写真談義だったよね?)。


本日クライマックスは、KSさんの顔を見るため新宿ゴールデン街へ。最近どうも忙しそうなので、心配してましたが、踏ん張ってますね。でも、健康第一にと願うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »