« 37 photographs. 3 minutes. Millions of lives to save. | トップページ | 備品余談 »

2008/10/04

闇の子供たち

映画「闇の子供たち」が静岡でも公開です。児童売買春、児童臓器売買を扱った小説の映画化です(Wikiによると、いろいろ問題があったようですが)。

すでに原作を読んでいたので、ストーリーは分かっていたものの、映画ではだいぶ印象が異なりました。根底にあるテーマは共通するものの、違いをひと言で言ってしまえば、小説は「葛藤」、映画は「心の闇」といった後味が残ります。

公式サイト:
http://www.yami-kodomo.jp/

Wikipedia:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%97%87%E3%81%AE%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%81%9F%E3%81%A1

|

« 37 photographs. 3 minutes. Millions of lives to save. | トップページ | 備品余談 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500120/42685731

この記事へのトラックバック一覧です: 闇の子供たち:

» 「闇の子供たち」と「七夜待」/Which do you like better ? [タイで想う日々]
本来なら映画を見てからイロイロ書くべきなんでしょうが……タイ好き、映画好きとしてはあまりにも対照的な2作品でイロイロ書いてみたくもなります。 ぶっちゃけ、現段階であなたはどちらが観たいですか? みたいな。 この映画(闇の子供たち)がタイのフィルムフェスティ...... [続きを読む]

受信: 2008/10/05 08:58

« 37 photographs. 3 minutes. Millions of lives to save. | トップページ | 備品余談 »