« 立ち上がって、また見渡せばよし | トップページ | ウガンダ:子沢山は男らしさの象徴ではない(JanJan) »

2008/04/14

ブロークン英語でパンクしそ

大学院授業の初日。受講生が僕だけなら先生とゆるゆる取り組むつもりが、ルーマニアからの留学生Aさんも参加することになった。授業も半分以上が英語でカンバセーション。終わって帰り道。駅まで彼女と雑談しながら坂をくだる。

英語で読むだけではなく、聞く、話す訓練もできると思えば一石二鳥。Aさんもジャーナリズムに関心があるようだ。刺激が増えたのは、うれしい。


しか〜し、ひさびさに英語でトーク。疲れた。

|

« 立ち上がって、また見渡せばよし | トップページ | ウガンダ:子沢山は男らしさの象徴ではない(JanJan) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500120/40883728

この記事へのトラックバック一覧です: ブロークン英語でパンクしそ:

« 立ち上がって、また見渡せばよし | トップページ | ウガンダ:子沢山は男らしさの象徴ではない(JanJan) »