« 「その時歴史が動いた」にM教授登場 | トップページ | 国連、紛争地の子どもの現状を懸念(JanJan) »

2008/02/24

シリウスがまぶしい

さきほど東京から戻りました。どうして僕が上京すると、毎回、雪が降ったり春一番が吹いたり、つらい天候になるのだろう…。

高速バスを降り、東名の側道から巴川の土手づたいに歩く。見上げれば満天の星。オリオン大星雲だって見える。東京にいたころには、こんな星空は見られなかった。一昨年の夏、青森県六ヶ所村で見上げた夜空が懐かしい。

今回の上京は、Mtgと会食をそれぞれ2回こなし、空いた時間に映画「アニー・リーボヴィッツ」を観る。

また、長年お世話になったF100を下取りに出し、D300をゲット。F100は結構キズだらけでしたが、まあまあの値が付いた。でも、NewFM2の方が、高値で売買されているらしい。

F100はだいぶ気に入っていたのだけど、ランニングコストを考えれば、メインの機材としてデジイチは導入しなくてはならないとかねてから思っていた。ただし、電気の供給が不安定な現場でも対応できるよう、MFの一眼とレンジファインダー機は手元に残しておきたい。

東京最終日の今日は、「高円人展」初日。昨年に続き、知り合いの写真家Nさんが出展しているので、顔を出す。

お、そう来ましたか!

高円人展
http://www.koenjin.com/details/index.html

|

« 「その時歴史が動いた」にM教授登場 | トップページ | 国連、紛争地の子どもの現状を懸念(JanJan) »

写真」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500120/40258735

この記事へのトラックバック一覧です: シリウスがまぶしい:

« 「その時歴史が動いた」にM教授登場 | トップページ | 国連、紛争地の子どもの現状を懸念(JanJan) »