« 命を救う手もっと 盛岡の看護師がウガンダで医療活動(岩手日報) | トップページ | 恐怖のため故郷に帰還できないウガンダのケニア難民(UNHCR Japan) »

2008/02/27

貸し出し冊数の根拠は!?

午前中、自転車で大学裏手にある静岡県立中央図書館へ。茶畑わきを走っていると、頭上前方の電線に1羽のカラスがとまった。嫌な予感がしたので、ハンドルを切ってカラスの真下を避ける。

ボトッ

案の定、落下物。危うく直撃するところでした。


10数年ぶりの県立中央図書館。貸し出しは数冊までだろうから、残りはコピーで済ませようと思っていたら、なんと! 20冊まで借りられるとのこと。思わず「マジですか?」。司書さんもくどいくらい丁寧です。

市立図書館は遠いし、大学附属図書館は3冊までしか借りられず、ちょっと困っていたところ。大学よりさらに山を登らなくちゃいけないのですが、県立中央図書館にはお世話になりそうです。


帰宅途中にキタムラで甥っ子写真のプリントを回収。店内を徘徊し、品揃えをチェック。シグマのレンズが安い。おっと、ここで足を止めては危ない(物欲に負けそう)。

ネットで東京・中野の中古屋ので価格をチェックしたら、シグマの広角(中古)と望遠(新品)それぞれのズームレンズが、Nikonの広角ズーム1本を売れば手に入りそう。う〜ん。

|

« 命を救う手もっと 盛岡の看護師がウガンダで医療活動(岩手日報) | トップページ | 恐怖のため故郷に帰還できないウガンダのケニア難民(UNHCR Japan) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500120/40299076

この記事へのトラックバック一覧です: 貸し出し冊数の根拠は!?:

« 命を救う手もっと 盛岡の看護師がウガンダで医療活動(岩手日報) | トップページ | 恐怖のため故郷に帰還できないウガンダのケニア難民(UNHCR Japan) »