« UNHCR、ケニアにて2度目の支援物資配布を開始(UNHCR) | トップページ | 東京初日 »

2008/01/20

さらばスタジオデラックス

セコニックの露出計スタジオデラックスIIIは、電池不要で気に入っていたのですが、手放すことになりそうです。

しばらく気にしなかったのですが、強力な磁力をもっていて、方位磁石を狂わせるのです。アフリカ・ウガンダで夕刻、方角をコンパスで確かめようとしたら、夕日が沈む方向を東に指し示していたので、ビックリ。

「低緯度だからじゃないのかなあ?」

そんな馬鹿なことはありません。持っている機材で磁力をもっているモノはないかチェックしたところ、スタジオデラックスIIIが犯人だと判明。

コンパスと露出計、どちらが大事か。そりゃ、コンパスです。

露出計自体はカメラに内蔵されているし、経験からもある程度判断できます。広告写真を撮っているわけじゃないですし。一方、見知らぬ土地で方角がわからなくなったら、最悪、命にかかわります。

というわけで、吟味したところ、同じメーカーのデジタル露出計フラッシュメイトL-308Sがよさそうです。重さも半分以下だし。もちろん買う前にコンパスを近付けてチェックしないと。

|

« UNHCR、ケニアにて2度目の支援物資配布を開始(UNHCR) | トップページ | 東京初日 »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500120/17767603

この記事へのトラックバック一覧です: さらばスタジオデラックス:

« UNHCR、ケニアにて2度目の支援物資配布を開始(UNHCR) | トップページ | 東京初日 »