« 巣鴨の「たる磯」で酒が飲みたい | トップページ | イワン・ウイスキー »

2007/10/14

縁と時期

未明に目覚めてメールのチェック、次に起きたのは早朝5時。新聞が配達されるコトンという音が聞こえた。朝食のパンをほおばりながら、朝刊を繰る。十分に覚醒してないせいか、リード部を読むのがやっとだが、新聞週間特集の5ページの長文記事は眠い目をこすりながら丹念に追いかける(これは昨日付だったかな)。最終面は、ビルマで射殺された長井さん関連の記事がありスクラップ用に抜き取る。

この3か月でもスクラップ候補群の抜き取りページがうず高くなってきた。これもいずれなんとかしなくちゃな。だれかボランティアでやってくれないかな(食事くらいはご提供します)。

ここで朝寝をちょっと。

午後は、都内で仲間との勉強会。メンバーはいつもどおりばらばら集まり、宮益坂上のカフェへ。なかなか良さげな雰囲気です。雑談で話の腰を折りつつも、軌道修正を施し、なんとか一歩前進したかな。月1回のミーティング、気心知った仲間との会合だから、いい時期にリハビリにもなります。少しでも貢献できてたら良かったが。

夕刻そろそろ体力時間切れ。思考能力の低下が著しいのを感じたころに散会。帰りの電車で眠りこけ、一駅乗り越し、戻る。

晩飯をかきこみ、「風林火山」を見終わって、ちょっと寝。連絡事項などメールで数通。そんななか、ブログにコメントの投稿あり。どうしてこの記事にコメントをくれたのかは分からないけど、緊迫した状況下での連絡手段として、アクセスしてくれたのかな。少なくとも、ラングーンでは僕のブログは見れるようだ。

ラングーンで日本人記者射殺の速報を知って、最初に心配した知り合いのフォトジャーナリストUさんからの連絡です。いまの彼の状況下で、僕のことを思い出し、連絡を取ってくれた。Uさんにもいろいろ報告、相談しなきゃな。

まだまだ低速ですが、歯車が少しずつ回り始めた感があります。この3か月という時期は、必然も偶然もふくめて、「縁」というものを強く感じます。

|

« 巣鴨の「たる磯」で酒が飲みたい | トップページ | イワン・ウイスキー »

ジャーナリズム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500120/16864368

この記事へのトラックバック一覧です: 縁と時期:

« 巣鴨の「たる磯」で酒が飲みたい | トップページ | イワン・ウイスキー »