« 写真展やってます | トップページ | 初写真展終了 »

2006/07/15

『世界の戦場から』写真展

【転送・転載歓迎】

『世界の戦場から』写真展開催!
http://www.jvja.net/

9・11同時多発テロからパレスチナでの対立激化、アフガン空爆、イラク戦争と、ここ数年時代が恐ろしい勢いで動いています。しかもこの先に何が待ち受けているのか、誰も分からないでいます。私たちがどこに立っていて、どこに行こうとしているのか、知ることも極めて困難です。その陰で膨大な犠牲者が生まれ続けているのです。この写真展が時代の要請に答えるべく、強く鋭いメッセージを発し続けることを願っています。

岩波フォト・ドキュメンタリーシリーズ 「世界の戦場から」
http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/026961+/top.html

期間:2006年7月22日(土)〜8月27日(日)
会場:あーすぷらざ 3階企画展示室
http://www.k-i-a.or.jp/plaza/
時間:9:00 〜 17:00 《月曜休館》

写真展開催にともない、あーすプラザ5F 映像ホールでいろいろなイベントが行なわれます。ぜひ、ご来場ください。

7月16日(日) 13:30〜15:50 写真展開催プレイベント 「子どもに伝える戦争」

漫画家・石坂啓氏、ジャーナリスト・江川紹子氏、月刊誌「DAYS JAPAN」編集長で写真展出品作家でもある広河隆一氏と一緒に「子どもに伝える戦争」について考えてみませんか?また、「世界の戦場から」の写真家たちによるスライドショーと解説を交え、世界の今を伝えます。【入場無料】


7月22日(土) 13:30〜15:50 チェチェンの戦火を生きた ひとりの医師の物語

10年以上にわたって続くロシア・チェチェン紛争。人口百万人の共和国で、すでに20万人が犠牲になったと伝えられています。この戦場で、敵味方・民族・性別・宗教などの区別なく、すべての傷ついた人々を救った医師がハッサン・バイエフ氏です。写真展出品作家である林克明氏とのトークショー形式で緊急来日(未定)に合わせての記念講演会です。【入場無料】


7月29日(土) 13:30〜15:50 映画上映「 Little Birds イラク戦火の家族たち」

ロカルノ国際映画祭をはじめ数々の賞を受賞した映画「リトルバーズ」を通してイラク戦争について考えます。「戦前・戦中・戦後」と人々の生活の何が変わったのか?そのうちの何が私たちに伝わり、何が伝わらなかったのか?【 入場無料】


8月12日(土) 13:30〜15:15 映画上映 /15:30〜16:30 トークショー
女性ジャーナリスト・映画監督 古居みずえトークショー

「一度きりの人生。何かを表現したい」。戦火のパレスチナで生きる人びとの暮らしと女たちの闘いを12年間に渡って撮り続けた古居みずえ氏。監督作品「GHADA ガーダ 〜パレスチナの詩〜」上映 【有料】 に併せ、映画に込めた想いを語ります。

【映画入場料】
一般800円(前売り600円)/高校生以下600円/神奈川国際交流協会 会員400円
※前売り券はあーすぷらざにて購入できます。

主催:神奈川県立地球市民かながわプラザ 指定管理者:財団法人 神奈川県国際交流協会
協力:日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)

問合せ:学習サービス課(月曜休館)
TEL 045-896-2899 FAX 045-896-2299

《会場へのアクセス》

あーすぷらざ  〒247-0007 横浜市栄区小菅ヶ谷1-2-1
(地図) http://www.k-i-a.or.jp/plaza/top_map.html

○電車の場合
JR 根岸線「本郷台」駅より徒歩3 分
所要時間 横浜から 26 分 大船から 4 分

○車の場合
横浜横須賀道路「日野IC」または「港南台IC」から20 分
鎌倉街道「桂町」から3 分

|

« 写真展やってます | トップページ | 初写真展終了 »

ジャーナリズム」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500120/16860587

この記事へのトラックバック一覧です: 『世界の戦場から』写真展:

« 写真展やってます | トップページ | 初写真展終了 »