« 写真展「メディアは命を救えるか」が25日まで会期延長 | トップページ | 【転載】DAYS JAPAN 編集長便り »

2006/06/21

インド洋大津波 報道写真展

「インド洋大津波 報道写真展」が6月20日(火)から10月1日(日)まで、日本新聞博物館(横浜市)で開催されます。

日本新聞博物館 The Japan Newspaper Museum:
http://www.pressnet.or.jp/newspark/index.html

以下、同写真展チラシより。

2004年12月26日午前8時、インドネシア・スマトラ島北端の西方沖でマグニチュード9.0の強い地震が発生、地震による巨大津波がスリランカ、インド、マレーシアなどインド洋沿岸各国を次々と襲いました。

約30万人もの人が犠牲になりました。

日本からも多くの写真記者が被災地に飛び、その現実を冷静にファインダーに切り取りました。TUNAMIの惨状を少しでも多くの人に伝えるために、新聞・通信7社の写真記者24人が現地で記録した写真186点を展示します。

壊滅的被害を受け、一瞬で廃墟と化した村、宗教上の理由で火葬できず腐敗した遺体、避難民キャンプで心のケアを受けて笑顔を取り戻していく子どもたち−−。

想像を超えた自然災害の驚異と、惨事を必死に受け止め希望に向かって立ち上がる人びとの姿が、見る人の胸に突き刺さります。

|

« 写真展「メディアは命を救えるか」が25日まで会期延長 | トップページ | 【転載】DAYS JAPAN 編集長便り »

ジャーナリズム」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500120/16860584

この記事へのトラックバック一覧です: インド洋大津波 報道写真展:

« 写真展「メディアは命を救えるか」が25日まで会期延長 | トップページ | 【転載】DAYS JAPAN 編集長便り »