« 『DAYS JAPAN』を知ってますか?3 | トップページ | インド洋大津波 報道写真展 »

2006/06/20

写真展「メディアは命を救えるか」が25日まで会期延長

写真展「メディアは命を救えるか」(主催:DAYS JAPAN)は、会期を25日(日)午後9時まで延長する。会場は、キッド・アイラック・アート・ホール(東京・世田谷区)。展示は、「ベトナム処刑」「ナパーム弾から逃れる少女」などの写真、ピュリッツァ賞や世界報道写真コンテスト受賞作品をフォトジャーナリストの広河隆一氏が構成、解説している。「展示は、シャッターを押すべきか、命を助けるべきか、という問いかけから始まり、ピュリッツア賞をとった写真の背景に何があったか、考えていきます」(広河氏)。

DAYS JAPAN:
http://www.daysjapan.net/

キッド・アイラック・アート・ホール:
http://kidailack.co.jp/index.html

|

« 『DAYS JAPAN』を知ってますか?3 | トップページ | インド洋大津波 報道写真展 »

ジャーナリズム」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500120/16860583

この記事へのトラックバック一覧です: 写真展「メディアは命を救えるか」が25日まで会期延長:

« 『DAYS JAPAN』を知ってますか?3 | トップページ | インド洋大津波 報道写真展 »