« 発掘された不滅の記録1954−1975 [VIET NAM ベトナム] そこは、戦場だった2 | トップページ | アップル社の新製品? »

2006/02/13

発掘された不滅の記録1954−1975 [VIET NAM ベトナム] そこは、戦場だった3

「朝日新聞」13日付夕刊に作家の小中陽太郎氏の一文が寄せられていた。記事の内容は、それはそのとおりなのかもしれないが、中野亜里氏のメッセージ(2月12日の投稿を参照)を読んだ後では、ナイーブ過ぎやしないかとも思う。もちろん、自戒を込めてだが。

せめて、ベトナム人の名前はちゃんと書いてほしかったな(朝日の校正の甘さか)。田中西二郎訳のグレアム・グリーン著『おとなしいアメリカ人』に出てくる「フウオング」と同じではないか…。

図録にも「マイ・フォン」と出ているし、巻末にはローマ字表記だってあるのに、紙面では「マイ・フォング」です。そんな目くじら立てるなって? う〜む。僕ってナイーブ?

そういや、映画「おとなしいアメリカ人」(The Quiet American)は2003年(だったかな?)に公開されたと思うのだけど−−確かベトナムでは上映されていたのを目撃しましたが−−、日本ではどうなったんでしょ。せめてレンタルビデオで見れるのでしょうか。

|

« 発掘された不滅の記録1954−1975 [VIET NAM ベトナム] そこは、戦場だった2 | トップページ | アップル社の新製品? »

アジア」カテゴリの記事

ジャーナリズム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500120/16860525

この記事へのトラックバック一覧です: 発掘された不滅の記録1954−1975 [VIET NAM ベトナム] そこは、戦場だった3:

« 発掘された不滅の記録1954−1975 [VIET NAM ベトナム] そこは、戦場だった2 | トップページ | アップル社の新製品? »