« メコン川で水質汚染? | トップページ | ショック! ニコン、フィルムカメラ事業を縮小 »

2006/01/09

メコン川の養殖魚大量死:細菌発生が原因

Viet Joより続報というか関連記事でしょうか。


メコン川の養殖魚大量死:細菌発生が原因

1月6日、ドンタップ省農業開発局ズオン・ギア・クォック副局長、は、カオ・ラン(Cao Lanh)地区の死魚の数は、序々に減少してきていると発表した。
 
カントー大学の解剖結果によると、川で死んでいた魚の多数がEdwardsiellaictaluriという細菌により、肝膿瘍を起こしていた。また、カオ・ラン地区の養殖魚の死因は、Aeromomassobriaという細菌による、肝膿瘍と眼内出血であった。
 
専門家たちは、魚の病状改善には、フルオロキノン(Fluoroquinolone)系の薬剤を投与する必要があるとの見解を示しているが、同薬は、2005年8月から水産省によって、使用を禁止されている。
 
トゥ・タン・ユン修士は、「水産省は、依然として、カントー大学の調査結果で出た薬に代わる薬剤を明示していない。それならば、使用許可のあるフロフェニコール(Florfenicol)剤又は、ドキシサイクリン(Doxycyline)剤を使用すべきである。同薬は高額で、効果が表れるまで多少時間がかかるが、食品の安全と、輸出品の品質は保証できる」と話している。 [2006.01.07 Tuoi Tre紙 ]

http://viet-jo.com/news/social/060109012101.html

|

« メコン川で水質汚染? | トップページ | ショック! ニコン、フィルムカメラ事業を縮小 »

アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500120/16860503

この記事へのトラックバック一覧です: メコン川の養殖魚大量死:細菌発生が原因:

« メコン川で水質汚染? | トップページ | ショック! ニコン、フィルムカメラ事業を縮小 »