« ベトナム:友人Tを連れて1 | トップページ | ベトナム:友人Tを連れて3 »

2005/12/30

ベトナム:友人Tを連れて2

成田は遠い。午前5時に起床、東横線で横浜駅に向かう。これまでは成田エクスプレスを使うことが多かったのだけど(もしくは日暮里から京成スカイライナー)、YCATからのリムジンバスが結構快適なのを知り、最近はバスで成田に向かうことが多くなった。

しかも、キャセイのマイレージプログラム「アジアマイル」のポイントで片道無料券を事前にゲットしていたので、3500円×2人分を浮かすことができた。

YCAT6時10分発のリムジンバスは、成田に7時40分に着。空港の敷地に入る前に、乗客全員のパスポートチェック。結構異様なのだけど、電車でもチェックは受けるのだから、まあ同じことですな。

成田空港でもお決まりのように、そじ坊で天ぷらそばを食す。これが最後の日本食なのだ。今回の往路便はJL5133/VN951のコードシェア便で、機体はベトナム航空のBoeing777。フライトアテンダントは、もちろんアオザイである。

機内食とともに333を飲み、前夜の睡眠時間が1時間しかなかったせいで、1時間ほど眠り、ちょっと起き、また眠りの繰り返し。睡眠のつまみ食いってところだ。

タンソンニャットにはほぼ定刻どおり14時半前に着陸。入国も問題なくすませ、空港前からファムグーラオやデタム通り界隈を走る路線バスに乗り込む。定額2000ドンなり(16円弱)。タクシーよりずいぶん安いし、車高があるので、外の景色も眺められる。しょっぱなからローカルな環境にT氏をたたき込むのです。

車内は僕とT氏のほか、もうひとり日本人男性が1人。あとはベトナム人。彼は『地球の歩き方』を眺めつつ、後ろに座っていたベトナム人女性に「このバスは○○へ行くのか?」と英語で訪ねている。彼女は親切に「そこには行かないけど、あなたはどこに行きたいのですか?」と聞いてあげているのに、半ば無視。別のベトナム人男性にも「このバスはビッグ・メルセデスベンツ・ショールームに行くのか?」と訪ねている。行き先も分からず、乗り込んできたのかなあ。

同胞が困っているのだと思い、助け船。「どこに行くのですか?」と僕が尋ねると「ベンタィン市場」とだけ、そっけない返答。半ば無視されたので、僕も相手にするのをやめた。が、なんと、彼は僕らと同じデタム通りで降り、ファムグーラオ通りと並行してある安宿街ブイビエン通りをすたすたと歩いて行くではないか。さらに後日、ベトナム人女性を連れ立って、歩いているのを目撃。なんなんだろう、この人。はあ…。

僕の定宿であるファムグーラオのはずれにあるゲストハウスには16時過ぎに到着。3階の通りに面したいい部屋を確保できた。1泊20ドルと、この界隈では高めの料金だけど、朝晩の飯は食い放題だし、コーヒーやジュースも飲みたいときにただでもらえる。それに、ゲストハウスのスタッフに愛嬌があって気に入っている宿だ。

タンソンニャットはまだまだ拡張工事。日本のODAらしい。
witht051230

|

« ベトナム:友人Tを連れて1 | トップページ | ベトナム:友人Tを連れて3 »

アジア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500120/16860496

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナム:友人Tを連れて2:

« ベトナム:友人Tを連れて1 | トップページ | ベトナム:友人Tを連れて3 »