« ベトナムの人びと9:ミトー | トップページ | 歩行者にも罰金 »

2005/12/20

ハノイ−バチャン間バス

日本人のベトナム観光熱はまだ冷めぬのだろうか。もちろんそのためだけではないだろうけど。

ハノイ市からバチャン村までの市バスの運行が18日、開始された。同村はバチャン焼きで有名。朝5時から夜8時まで、10-15分間隔の運行。運賃は1人3000ドン。

ホーチミン市もそうだけど、公共交通機関の拡充はよいことですね。ホーチミン市の地下鉄はほんとにできんのかな?

http://viet-jo.com/news/life/051220121636.html

|

« ベトナムの人びと9:ミトー | トップページ | 歩行者にも罰金 »

アジア」カテゴリの記事

コメント

たしかにベトナムの焼き物は美しいですね。色がすてきです。使いもしないものをたまに買ってしまいます。そういうのを道楽っていうんでしょうね。

公共交通機関ができると、飛躍的に移動が楽しくなります。もちろんチャータータクシーの方が楽ちんですが、地元の人びとおなじ足をつかって動けるのも、旅の楽しみです。ただし、時間はタクシーに比べてちょっとかかりますけどね。

投稿: m.y. | 2006/01/08 15:44

この記事私も見ました。確かに楽になりますね。どれだけの観光客(特に日本人)が利用するか分からないけど。バチャンは1回行けばいいや、と思っていたけど、公共交通手段ができるなら行きたいな。ベトナムの食器類好きなので。

投稿: えーこ | 2006/01/03 20:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500120/16860489

この記事へのトラックバック一覧です: ハノイ−バチャン間バス:

« ベトナムの人びと9:ミトー | トップページ | 歩行者にも罰金 »