« ベトナム共産党が複数政党制を検討 | トップページ | ブロガーとサイバー反体制派のためのハンドブック 2 »

2005/09/29

ブロガーとサイバー反体制派のためのハンドブック

パリに本拠を置く「国境なき記者団」(RSF)はこのほど、「ブロガーとサイバー反体制派のためのハンドブック」を公表した。

RSFによると、主流メディアが検閲や圧力を受けている国家において、ブロガーは数少ないジャーナリストであることが多く、政府ににらまれる危険、時には逮捕される危険を冒して、独立したニュースを提供している、という。RSFは、そういったブロガーを支援するため、先端的技術的助言とともに、このハンドブック制作した。どのようにブログで匿名を保ち、検閲を避けるか、どのように信用を得るのか解説している。

また、オンライン検閲の悪質な事例として、中国、 べトナム、チュニジア、イラン、キューバ、サウジアラビア、ウズベキスタンを非難する章がある。

このハンドブックはRSFのHPから無料でダウンロードできる。

Reporters sans frontières
http://www.rsf.org/

CNET Japan: 国境なき記者団、反体制派のブロガーに向けた手引書を発表
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20087605,00.htm?ref

ITmedia News: ブロガーのための「検閲回避ハンドブック」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0509/26/news068.html

HOT WIRED JAPAN: ヤフー社「記者のメール情報を中国当局に提供」認める
http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20050913204.html

|

« ベトナム共産党が複数政党制を検討 | トップページ | ブロガーとサイバー反体制派のためのハンドブック 2 »

アジア」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ジャーナリズム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500120/16860430

この記事へのトラックバック一覧です: ブロガーとサイバー反体制派のためのハンドブック:

» 「国境なき記者団」検証編 [なんで屋-驀進劇-]
                                       ↑画像引用元La patrie en danger 昨日のやっちゃんの記事に惹きつけて、『「国境なき記者団」によるネット統合への驀進』 の検証をしたい。 応援してくださる方↓↓↓↓↓↓...... [続きを読む]

受信: 2005/10/05 19:47

» 共謀罪ならなんでもできる:今日は原爆テロのシミュレーション [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
これは,北京でライフォ(≠2nd)!さんの【「共謀罪」無認識成立の恐怖と闘う】に付けたコメントを(加筆)収録したものです.ライフォさんは,『何より恐ろしいのは、日本の人々がこうした法案の成立とその意味を「認識」しないということだと思うのです』と述べ,ほとんど自覚もないまま法案通過を見過ごしそうになっている国内の状況に切実な危機感を表明されています.引用ありがとうございます. (馬場英治) 2005-10-07 17:39:13 私には,こんな法案が提出できること(という頭の構造)... [続きを読む]

受信: 2005/10/09 02:48

» アリスの国会見学:チェシャ猫もびっくり!不思議の国の共謀罪(1) [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
今日は共謀罪という「犯罪」がどんなに奇妙奇天烈で不条理な罪であるかをアリスと一緒に研究してみることにしよう.不思議の国探訪の道案内は民主党の津川祥吾議員にお任せしよう.共謀罪の問題性・危険性は与党議員を含む多くの識者からつとに指摘されているところであるが,問題の本質をもっとも深く理解されているという点において,津川議員の右に出る者はおそらくいないだろう.ある人によれば,国会はすでに小学校になってしまったとのことであるが,国会の中にまだこのような知力と見識を備えた議員が残っていることに感謝したい.日本... [続きを読む]

受信: 2005/10/11 19:45

» 権力の牙剥き出し:改正案の共謀罪関連条項抜粋(法案要綱より) [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
改正案条文は縦書きでPDFファイルに収められていたため一覧し辛いので,共謀罪に直接関連する部分だけをまとめて画像ファイルに落としました. たったこれだけの改定で,615個の新しい罪が生まれます! 政府はさまざまな詭弁を弄して共謀罪の治安立法としての危険な本質を覆い隠し,暴力団など組織犯罪集団が越境的犯罪を犯すのを防止するためなどと取り繕ろうとしていますが,「国際」の文字は見た通りわずかに第1条目的のところに現れるだけで,まったく実質がありません.また,対象となるのは暴力団であり,市井の個... [続きを読む]

受信: 2005/10/13 05:50

« ベトナム共産党が複数政党制を検討 | トップページ | ブロガーとサイバー反体制派のためのハンドブック 2 »