« 海外出張 | トップページ | トラックバック »

2005/06/15

火事

晩飯というには遅すぎる食事を終えて、ファミレスを出ると消防車がわんさか赤色灯を光らせている。帰宅するにはあの角を曲がらねばならないのだけど、えっ? まさにその角の木造家屋が火元らしい!

消防団の男性に聞くと、ほぼ鎮火しているがまだ放水中で、水をかぶってもいいなら通ってもいいよ、と。おいおい、いいのか、それで…。途中まで誘導してくれた警官は聞いてないのか、気にとめる様子はない。今のところけが人はないそうだ。

しかたない、回り道して反対側からアパートに向かうことに。でも、そちらも通行止め。そりゃそうだよな。

背広の中年男性が警官ともめている。付近の建物はすべて進入禁止だが、その男性はビルの中に入ろうとして警官に制止されたのだ。男性曰く「酔っぱらいの消防団員がいるくらいだから、もう大丈夫だよ」。若い警官は「じゃあ、ちょっと待っててくださいね。確認してきますから」と現場に走っていった。酔っぱらいの消防団員って、「水をかぶっていいなら…」の人かな。もちろん警官が走って行ったのは、安全確認のため。

近所の人が、放火じゃないかしら、と噂話。放火の心理って…。う〜む。Hちゃんも放火ではないかと憶測…。でも雨降ってたんだよねえ。

|

« 海外出張 | トップページ | トラックバック »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500120/16860397

この記事へのトラックバック一覧です: 火事:

« 海外出張 | トップページ | トラックバック »