« サイゴンより | トップページ | サイゴンより3 »

2005/04/30

サイゴンより2

午前8時、暑さで目が覚める。二日酔いだ。重たい頭で思考が鈍いまま、テレビをつける。なにやら式典のような光景が目映る。ひな壇の中に、ノン・ドク・マイン越共産党書記長の姿を見つけて、思考の回転速度が3速まで上がる。5速まで行かないのは、もともと寝起きが悪いせいだ。

しかしこんな早くから始まるとは... はやく行かなくては。ペットボトルのミネラルウォーターを乾いた胃に流し込み、カメラバッグを引っつかんで、ホテルの階段を駆け下りる。

バイクタクシーを拾い、サイゴン大聖堂を目指す。統一会堂にたどり着くレズアン通りがパレードのメーンストーリー。昨日の下見で、大聖堂の裏手あたりがいいかと踏んでいた。しかし、途中、いたるところで交通規制のバリケードを目にする。

案の定、会場周辺は広い範囲で閉鎖されている。許可証がないと中にも入れない。限られた人々のみが、「解放30周年」を喜べるのだ。この制限区画の外では、人々は普通の生活を送っているようだ。関心がないのか... 関心があってもかかわれなければ、意味もなし、といったところか。

さて、どうしたものかと、大聖堂が正面に見えるバリケード前で望遠レンズを構え、遠くに見えるパレードの人々を1枚、また1枚と写すしかない。1度、このゲートで交通規制をしているブルーの制服を着た警官に掛け合ってみたが、無駄。

こちらにもパレードを見る以外に、この制限区画に入る必要がある。タイ航空でチケットのコンファームをしなくてはならないのだ。そのことを切々と訴えると、緑の制服を着た公安警察の現場責任者の所に連れてかれ、荷物検査を受けた上で、中に入ることが出来た。

そもそもこの区画内のホテルに泊っていたら、こんな関門は無意味だ、と思いきや、グエンユー通りを過ぎたあたりで、また公安に引き止められ、引き返す羽目に。もっともタイ航空のオフィスは休日のため閉まっていたのだが、とにかく、せっかく中に入れたのだから、もっと会場に近づく道を探す。

統一会堂近くのわき道をゆくと、会場の方からわらわらと人の群れが... どうやら式典はすでに終わってしまったようだ。こんなことならホテルのテレビを見ていた方が、パレードの様子が分かったのに。ふう。

レズアン通りにはいると、まだ式典の余韻覚めやらぬ退役軍人、報道陣の群れを発見。列をつくって写真に納まっている。「ベートナーム、ホーチーミーン」と繰り返し歌をうたっている。その写真を取っていたら、あんたも一緒に並びなさいと、女性元兵士から強引に並ばされる。僕の戸惑った顔が、どこかの国のテレビニュースに映っているかもしれない。

その報道陣の中に、プレスカードを下げた日本の新聞記者。「○○さんですか」と声をかけられるが、人違い。また、見かけたことのある後姿だなあと思っていたら、写真家の外山ひとみさんの姿も。外山さんは、おばあちゃんの参列者と向かい合って何事か話している様子。どうやらこのおばあちゃんたちは、クチからやってきたらしい。

とさらに、見かけた顔が。あれ!? ホテルの女主人のだんなではないか。あんた何やってんのこんなところで。彼の首からはニコンの高価なカメラが。ん?カメラマンだったの?? もともと謎が多い人物だったが、さらにその謎は深まった。

レズアン通りの周囲に人影はほとんどない。全国から式典に参加した人々のバスが連なって駐車してある。そのための場所確保と、要人警備のためのバリケード。その他の人々にとっては、普段通る道が交通規制されていて、迷惑の何者でもない様子。「4月30日」は、かかわれなければ、やはり関心外か。

街中には、金星紅旗が家々の軒先に掲げられている。夜になれば、いつものように、サイゴンっ子はまるで暴走族のようにバイクで街に繰り出し、通りを流し涼むのだろう。数年前のタイガーカップのときのように、金星紅旗を掲げて疾走する様は今夜も見れるのだろうか。

|

« サイゴンより | トップページ | サイゴンより3 »

アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500120/16860378

この記事へのトラックバック一覧です: サイゴンより2:

« サイゴンより | トップページ | サイゴンより3 »