« chuc mung nam moi | トップページ | スイマーズハイ »

2005/02/22

ああ、やっぱり自分は帰るわけにはいかない!

朝日新聞土曜日版別刷りBeに「ことばの旅人」が連載されているが、先週末19日付けは、竹山道雄の「ビルマの竪琴」から。小説に出てくる標記のせりふが、大見出しにとられていた。2面には、敗戦後、ビルマに残った旧日本兵の物語が続く。

ビルマの地を歩いたことがあるせいか、とても印象に残る記事だった。失われつつある、戦争の記憶だ。

映画はずいぶん前にテレビで観たけれども、ほとんど覚えていない。近いうちに、ビデオを借りてこよう。その前に文庫で読もうと、近所の書店で求める。僕の好きな新潮文庫だ(紙質が、ビスケットのマリーのようで、手に取った感触がやさしいのだ)。

驚いたことに、巻末に「埴生の宿」や「朧月夜」の楽譜が載っている。かつて手に取ったことはあるはずだが、はじめて発見した。ちゃんと歌えるようになりたいなあ。

|

« chuc mung nam moi | トップページ | スイマーズハイ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500120/16860370

この記事へのトラックバック一覧です: ああ、やっぱり自分は帰るわけにはいかない!:

« chuc mung nam moi | トップページ | スイマーズハイ »